四季彩綴り

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

白井大町藤公園

00P1450302.jpg



  1. 丹波・但馬
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
竹田城を訪ねたその日、こんな所にも立ち寄ってみました。
いや、正確にはここへ来るのに合わせて、竹田城行きを決めたと言えなくも… (^_^;)



01P1450356.jpg





02P1450292-2.jpg

白井大町藤公園。
竹田城と同じ兵庫県朝来市和田山町にありますが、同町の中では北西端、京都府との県境まで約2kmという位置に当たります。

平成11年4月にオープン。
公園面積が7000㎡、藤棚の幅4m・総延長500mと山陰随一の藤公園と言われています。




03P1450297.jpg

今年は開花が遅れ気味で、連休最終日のこの日はようやく咲き揃って来たという具合で、最長1m半にもなるものもあるそうですが、残念ながらどれもまだまだ短かかったですね。





04P1450352.jpg

それでも、紫色の帳の下りた回廊は雰囲気たっぷり。





05P1450299.jpg





06P1450340.jpg

開き切っていない花房も、裏を返せば瑞々しさにあふれていて、これもまたよし…。





07P1450306.jpg

房の短いカピタンは満開。






08P1450307.jpg

赤紫色のカピタンは遠目に見るとブドウの房のよう。





09P1450317.jpg





10P1450308.jpg

青空も広がって、白の花房が眩しい。





11P1450320.jpg

藤の花の向こうに見えるのは…





12P1450331.jpg





13P1450338.jpg

青空の下、元気に泳ぐ鯉のぼり。
この時は物凄い風が吹いていて、ちょっと元気が良すぎるぐらいの泳ぎっぷりでした (^_^;)





14P1450334.jpg

そして、鯉のぼりの下から藤公園を振り返ると…





15P1450335.jpg

いつも見上げるばかりの藤の花を上から見下ろすというのが斬新。





16P1450335-2.jpg

特に花が密集しているところは、ふかふかのラベンダー色の絨毯を敷き詰めたようで、思わず手で触ってみたくなるほど…。





17P1450344.jpg

その絨毯の下はこんな風に。
噴水を取り囲むように藤棚も円形に組まれていて、訪れた人々の憩いの場になっていました。





18P1450324.jpg

噴水の飛沫と藤の花房。





19P1450349.jpg

鯉も気持ちよさそうに泳いでいました。






20P1450342.jpg





21P1450330.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

こちらの藤公園では開園期間中の週末にライトアップが行われることもあるようで、昼間とはまた一味違う幻想的な姿も見られるとか。
夜は中々難しいですが、それでもいつか見てみたいな~♪

【撮影日:平成25年5月6日】


《メモ》
  白井大町藤公園 【地図】
   兵庫県朝来市和田山町白井1008番地
   TEL:079-670-1636
   入園料… 一般300円、小学生以下無料
   開園時間… 8:00-18:00

   ※2013年の開園期間は5/1~21でした



スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<一の宮神社のキリシマツツジ | BLOG TOP | 竹田城跡>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback