四季彩綴り

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

智積院庭園

00P1450917.jpg



  1. 京都・東山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
一昨年 は残念ながら時機を逸してしまった名勝庭園。
満を持して(?)のリベンジです。




01P1450891.jpg

講堂を回り込むと緑の木々の間に色鮮やかな花の彩りが。





02P1450892.jpg





03P1450893.jpg

今年はかなり期待に近い咲き具合のようですよ。





04P1450937.jpg





05P1450935.jpg





06P1450897.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

大書院からの額縁。





07P1450905.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

サツキの花もさることながら、緑が本当に綺麗です。





08P1450909.jpg

さて、端近に寄って、右から…




09P1450910.jpg

そして、左から…






10P1450914.jpg

サツキという花の特性上、時間差もあって一面満開とは行きませんが、このまばらな咲き具合もまた華美になりすぎないための天の匙加減なんじゃないかという気がします。





11P1450906.jpg

舟形の手水鉢越しに築山を。
欲を言えば、この築山の側にあまり花が見られなかったのがちょっと残念だったかな。




12P1450908.jpg

でも、一昨年と比べると本当に多くの花を観られたのでよかったです。





13P1450911.jpg





14P1450912.jpg

さて、大書院を一回り。
宸殿との間にもサツキの花が。




15P1450920.jpg

枯山水のお庭でも石組みの間にちょこちょこと。





16P1450923.jpg

こんな所でも…




17P1450922.jpg





18P1450924.jpg

内側から眺める総門。
この門の先は七条通りになります。




19P1450925.jpg

講堂の東面のお庭。
ここでは細長い一文字型の手水鉢が目を引きます。





20P1450926.jpg





21P1450928.jpg

そして、ここからは初めに下から見た風景を一段高い所から見下ろすことができます。





22P1450930.jpg





23P1010116.jpg

上を見上げると鴨居(?)の部分に寺紋の桔梗の彫り物が。





24P1450934.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

最後にもう一度大書院から名称庭園を。
今回も十分堪能できましたが、微妙に早かったようなので、次こそは最高のタイミングで訪れたいものと思います。

【撮影日:平成25年6月2日】


《メモ》
  智積院 【地図】
   京都市東山区東大路通り七条下る東瓦町964番地
   TEL:075-541-5361

   《収蔵庫及び名勝庭園》
     拝観料… 一般500円、中高生300円、小学生200円
     拝観時間… 9:00-16:00




スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<等持院のサツキ | BLOG TOP | 初夏の東山散策>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback