四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

喜光寺の蓮

00P1470275.jpg



  1. 奈良・市内
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
蓮の花もそろそろ最盛期にさしかかって来ていますが、今回は珍しく奈良の蓮名所を。

先週末の話になりますが、平城宮跡にほど近い喜光寺さんへ行って参りました。

喜光寺は奈良時代の高僧・行基によって創建され、当時は菅原寺と呼ばれていましたが、聖武天皇のご参詣の折に本尊から不思議な光明が放たれ、そのことに感嘆された天皇から「喜光寺」の号を賜り改められたと言います。

また、東大寺造営の際、この喜光寺の本堂を参考にしたという伝承があることから、「試みの大仏殿」としても知られているとか。

あと、この他にも「菅原」という地名から菅原道真の生誕地という伝承もあるようですよ(京都や奈良の吉野、その他多くの説もあり)。



01P1470336.jpg

入口の南大門。
平城遷都1300年に合わせて、平成22年に450年ぶりに復興されたものだそうです。




03P1470267.jpg





02P1470266.jpg

凛々しい阿吽の仁王様。





04P1470333.jpg

「試みの大仏殿」とは言っても、現在の本堂は室町時代に焼失後に再建されたもの。
それでも、なるほど、雰囲気は東大寺大仏殿と似ている気がしますね。




05P1470332.jpg

そして、その本堂の傍らに多くの蓮鉢が並んでいます。
その数、30種類200鉢以上と…。





06P1470298.jpg





07P1470308.jpg





08P1470310.jpg

鮮やかなピンクが美しい蓮。





09P1470273.jpg

南大門を背景に。
門の外に阪奈道路の高架橋が見えるのがちょっと残念…。





10P1470294.jpg

豪華な八重の白蓮。





11P1470295.jpg

大輪の花を咲かせているものももちろん素敵ですが、今まさに開こうとしている蕾の初々しさにも心惹かれます。





12P1470302.jpg

ほんのりピンクの縁取りが入っているものも愛らしい。





15P1470286.jpg

ピンクの蓮の群れの背後に映り込んでいるのは…





16P1470282.jpg

大小の石仏群。




17P1470280.jpg

そして、こちらは釈尊初転法輪像。
この石像の周りにはモミジの木があり、秋の紅葉の頃も風情があるでしょうね。





18P1470314.jpg

本堂の裏手の弁天池には睡蓮も。





19P1470328.jpg





20P1470318.jpg

赤いものもあったのですが、上手く撮れなかったので白のみで失礼。





21P1470270.jpg





22P1470311.jpg





24P1470272.jpg

こちらのお寺では蓮の開花に合わせて、7月中の土日に7時からの早朝拝観を実施されています。この日も多少蒸してはいましたが、まだ朝の涼しいうちに気持ちの良いお参りができました (^-^)

【撮影日:平成25年7月6日】


《メモ》
  喜光寺 【地図】
   奈良市菅原町508
   TEL:0742-45-4630
   拝観料… 一般500円、小中学生300円
   拝観時間… 9:00-16:30(7月中の土日は7:00~)



スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<奥田弁天神社の蓮 | BLOG TOP | 六甲山カンツリーハウス>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback