四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

夏の祇王寺

00P1000600.jpg



  1. 嵐山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
嵯峨野散策の着地点はお決まりの祇王寺さん。



01P1000601.jpg

緑の天蓋付き(?)の参道を上って行きます。





02P1000602.jpg

紫陽花のお出迎えを受け中へ…。





03P1000653.jpg

緑の美しい苔のお庭が身上の祇王寺さん。
ちょうどその苔のお手入れ中でしたので、作業されている方をなるべく入れないように撮影(お道具は写り込んでしまいましたが)。





04P1000642.jpg





05P1000652.jpg

このもこもこした苔に思わず目が釘づけ。
紅葉の頃ももちろん良いのですが、個人的には苔の緑が色濃くなる今の季節の方が好みですね。





06P1000655.jpg

まるで緑の川。





07P1000619.jpg

苔をアップで。
ホントこれは絨毯ですね。
緑一色ではなく、茶色とのツートンカラーというのがまた味がある。





09P1000615_20130731190151963.jpg

天から降り注ぐ青もみじも麗しく、一面の緑の世界に目も心も癒されます (*^-^*)





10P1000606.jpg

素朴な佇まいの茅葺屋根の山門。
傍らの白い花は…





11P1000608.jpg

これも紫陽花かな?





12P1000625.jpg

船盛りのように並べられた苔図鑑。
たくさんの種類の苔が適材適所に配され、この美しい庭を作り上げているのですね。





13P1000624.jpg





14P1000639.jpg

本堂前を飾る色とりどりの花々。





15P1000634.jpg





16P1000646.jpg

桔梗





17P1000644.jpg

紫陽花





18P1000632.jpg

他にも鬼灯や





19P1000629.jpg

名前はわかりませんが、黄色の小さく可愛らしい花もありました。





20P1000638.jpg

本堂の入口の脇にはゲコーと蛙さんがお出迎え。
たぶん傘立てだと思います。

なお、本堂内は撮影禁止なので画像はありませんが、祇王・祇女・母刀自・仏御前、そして平清盛の木像が安置されています。

そして、ここで一つ、非常に残念なお知らせが。

木像の傍らに飾られた遺影と小さな骨壺。
祇王寺の看板猫のまろみちゃんが、この7月14日に祇王さんたちのところへ旅立たれたとのこと。




21P1715419.jpg

2009年12月1日訪問 時の画像。
真っ白な毛並みの美しい猫ちゃんで、訪ねる度に会えることを期待していたのですが、結局、これが最初で最後の邂逅となってしまいました。





23P1000669.jpg

もう少し早く来ていれば…、そんな少しの悔いを抱きつつ本堂を後に。





22P1000604.jpg





24P1000658.jpg

帰り際に祇王さんたちのお墓参りも。





25P1000659.jpg

ここに参る度に、どうも清盛さんの供養塔はいらんのではないかと思ってしまいます。


ということで、祇王寺で折り返して二尊院まで戻り、そこから今度は嵯峨釈迦堂へ。



26P1000674.jpg

人けの少ない境内に響き渡る読経の声。
この時点で10時近くになっていましたが、まだ時間的に早かったのかしら?




27P1000673.jpg

そんな境内に早くも秋の気配?




28P1000671.jpg

10月と言っても通りそうな光景ですよね。





29P1000677.jpg

こちらの庭も一見青々としているようですが、





30P1000683.jpg

部分的に色づきかけているところも。





31P1000686.jpg

それどころか、これなんてちりちりと枯れたようになってませんか?
フライングで紅葉しているものは普通の年でも結構見かけますが、ここまでのものは初めて見る気が…。ちょっと心配になって来ます。





33P1000688.jpg

多宝塔。





34P1000690.jpg

紅葉の頃が美しい聖徳太子殿の前はなぜか草ボウボウ。
何だかちょっと近寄りがたい雰囲気でした (~_~;)




35P1000691.jpg

ということで、順番が逆になってしまいましたが、仁王門から失礼して、残る最後のスポットへと向かいます。

【撮影日:平成25年7月27日】


《メモ》
  祇王寺 〈地図〉
    京都市右京区嵯峨鳥居本小坂32
    TEL… 075-861-3574
    拝観料…一般300円(大覚寺との共通券600円)
    拝観時間… 9:00-17:00



スポンサーサイト

テーマ:寺社仏閣めぐり - ジャンル:旅行


<<大沢池の蓮 | BLOG TOP | 夏の嵯峨野散策>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。