四季彩綴り

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

京都高雄の紅葉

00神護寺境内23


  1. 高雄
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
京都の紅葉の早手といえば、大原か高雄か。
一昨年が高雄、昨年が大原でしたので今年はまた高雄へ。

 



01高雄01

四条大宮より市バス8系統でおよそ30分(昼間はもっとかかると思います)。
周山街道沿いに設けられた高雄バス停より、一旦急な坂道を下り清滝川沿いに出ます。







02高雄03

高雄橋より上流側を望む。
本来はこのまま先ずは神護寺にお参りしましたが、画像の準備の都合もあり、先に清滝川沿いの紅葉の状況をご紹介しておきます。






03高雄07

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

槙ノ尾・西明寺にかかる指月橋。
部分的にはかなり色付いて来ていますが、それでも場所によっては青葉が目立つところも。






04高雄05

こちらは指月橋の上から下流方向を見たものですが、鮮やか過ぎるぐらいの緋と黄緑の色合いの差がくっきりと分かれていました。
この前日時点での西明寺の紅葉情報は七分との表示もありましたし、あともう一息というところでしょうか。でも、来週末でもつものかその辺も怪しい… (-_-;)





05高雄08




06高雄02

さて、再び高雄橋に戻りまして、こちらは下流側。
いよいよ神護寺参道へ進みます。







07神護寺参道01

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

急な石段を登り始めてすぐに現れた一際赤の濃い紅葉
赤の美しさではコレがこの日一番だったかもしれません。






08神護寺参道02

参道途中の茶店辺り。
黄色からオレンジのグラデーションが広がり、明るく華やかな印象。







09神護寺参道03





10神護寺参道04

参道の特等席(?)硯石亭を望む風景。
もっと強い光が当たると違うのかもしれませんが、こちらはまだ少し色付きが物足りなく感じました。
まあ、一昨年 も境内の中に比べて遅い印象でしたが…。







11神護寺参道06





12神護寺参道07

ということで、ようやく山門前に到着。
この辺りの紅葉は逆に進行が早いようで、左側の木などはだいぶん散りも目立ち気味。
それでも右側の木の発色はとても美しくて、思わずため息が出るほどでした。








13神護寺参道08

さあ、神護寺の美しい紅葉はもうすぐそこですよ! (^_-)-☆




【撮影日:平成22年11月13日】





スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用


<<高雄神護寺の紅葉 | BLOG TOP | 大山スカイライン>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。