四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

あわじ花さじき

00P1020081.jpg



  1. 淡路島
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
家人が退院したばかりということもあり、9月に二度あった三連休も泊りがけの遠出は控えましたが、日帰りでちょいと淡路島へ。

一番の目的は南淡路の休暇村の日帰り温泉&ランチバイキングでしたが、ついでにあわじ花さじきに寄ってみました。



01P1020069.jpg

今の時期のお花はサルビア。





02P1020071.jpg





03P1020072.jpg

まずはブルーのサルビア。






04P1020073.jpg





05P1020076.jpg

そして、爽やかなブルーの向こうに燃えるような赤。





06P1020080.jpg

鮮やか過ぎてちょっと目がチカチカして来ます (^_^;)





07P1020083.jpg

ただ、こちらの赤のサルビアは盛りを過ぎていたようで、アップで見ると白っぽく色抜けが始まっているものもちらほら。





08P1020089.jpg

でも、遠目で見る分には十分見頃の風情です。





09P1020095.jpg

こちらは赤・紫・白の三色ストライプ柄。





10P1020098.jpg

赤白のツートン。





11P1020107.jpg

三色ストライプはこちらから眺めるのが王道でしょうか。
広大過ぎる敷地の中ではほんのわずかな一角ですが、それなりに見ごたえがありました。





12P1020104-2.jpg

そして、次のお花のコスモスはまだほんの咲き始め。
花は数えるほどしか咲いていませんでした。
また、サルビアと比べると随分背丈が低いように感じましたが、これから盛りに向けて伸びて来るのかしら?





13P1020135.jpg

目玉模様でお馴染みの「歓びの瞳」の花壇。





14P1020136.jpg

まだ花があまり咲いていないので目立ちませんが、よく見ると五輪マーク?
2020年東京五輪決定を祝してのものでしょうか?




15P1020038.jpg

他にも赤・白の芙蓉や





16P1020048.jpg

色とりどりの小花の咲く一角





17P1020045.jpg

そんな花の中でひらひらと舞う移り気な蝶。




18P1020067.jpg

同じ花壇を反対側から眺めると遠くに明石海峡大橋も見えます。



ところで、こちらあわじ花さじきの傍らには知る人ぞ知る(?)平家史跡もあります。




19P1020050.jpg

目指す場所は展望デッキの裏側…





20P1020051.jpg

デッキへ上る坂道の左横に伸びる道を進むと





21P1020052.jpg

やがて現れたる「平家供養塔」の立て看板。





22P1020053.jpg

右手の少しきつめの勾配の坂を登りきった先に供養塔が





23P1020057.jpg





24P1020061.jpg

左手の塔の方が目立ちますが(これの裏側には「平家供養塔」ときざまれています)、先ほどの看板の写真から察するに、供養塔の本体は木蔭に立つこちらのようです。





25P1020062.jpg






26P1020055.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

供養塔の説明はこちらに記載されていますが、要約すると

一の谷の合戦に敗れ、屋島へと逃れた平家軍の一部が淡路島に上陸して隠れ住み、彼らが大将と仰いだ平通盛を始め平家一門の人々を供養するために建てた供養塔とのこと。地元ではこの塚のことを親しみを込めて「ミチモリさん」と呼ばれているそうです。

園内のマップにも特に記されておらず、立地的にも通りすがりに行き当たるような場所ではないため、これまで何度か訪れているわりに全く見逃していた史跡。

なお、淡路島にはこの他にもいくつか平家ゆかりの史跡があるのですが、それもまた別の機会にご紹介できればと思っています。


【撮影日:平成25年9月22日】


《メモ》
  あわじ花さじき 【地図】
   兵庫県淡路市楠本字上山2865-4
   TEL:0799-74-6426
   入園料… 無料






スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<白馬三山観望(1) | BLOG TOP | 中秋の名月>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback