四季彩綴り

高野山の紅葉・大伽藍

00P1030499.jpg


  1. 和歌山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
もう毎年恒例のようになっている高野山への紅葉狩り。
ネットでいろいろ見て回ったところ、今年は若干遅れ気味の印象で、当初は三連休最後の4日を予定していたのですが、天気予報の方がどうも芳しくなかったことから、唯一の晴れ予報の2日に出掛けることになりました。




01P1030587.jpg

金剛峯寺横の六時の鐘。




02P1030588.jpg

鐘楼の紅葉はやはりまだ少し青味が残っていました。





03P1480623.jpg

さて、まずは大伽藍を一回り。





04P1030467.jpg

蛇腹道に覆いかぶさる紅葉はまずまずの色づき具合のよう。





05P1480630.jpg

日の当たるところはひと際輝いて見えます。
背後の黄葉と手前の紅葉のコントラストが最高!





06P1030477.jpg

とはいえ、後ろを振り返ってみるとまだまだ緑がちの木も多く、かなりバラつきがあるみたい。
その分、長く楽しめるということでもありますが…。




07P1030481.jpg





08P1030480.jpg

しかし、日の当たる当たらないの差はホント大きい。





09P1480631.jpg

日の当たらないところではせっかくの紅葉もくすんで見えがち。





10P1480632.jpg

それでもこれだけ濃い紅ならインパクト大ですけどね (^^ゞ





11P1030502.jpg

鮮烈な紅の後ではどうも地味ですが、西行堂と西行桜。





12P1480634.jpg

そして、こんな木々の狭間から垣間見えるだけの姿にも色気が漂う木も。





13P1030493.jpg





14P1480640.jpg

この木もよく見ると青葉も混じっているのですが、様々な色の組み合わせで生まれる複雑な色模様がまた趣き深い。





15P1030504.jpg





16P1030510.jpg

根本大塔の前に建つのは「不動堂」。






16P1030511.jpg

鎌倉時代初期に鳥羽上皇の皇女・八条女院の発願により建立されたものと伝えられ、国宝に指定されています。






17P1030514.jpg

高野山のゆるキャラ「こうやくん」と根本大塔。





18P1030517.jpg

美福門院の寄進と伝わる六角経蔵。
先ほどの不動堂を建立したという八条院は美福門院の娘。
母娘ともども高野山には縁が深いということですね。





19P1030519.jpg





20P1480645.jpg

こちらの紅葉も美しく色づいていました。
黄葉ベースでところどころ紅葉が混じるタイプですね。





21P1030521.jpg

その他では山王院の御社の辺りが紅葉スポットですが、こちらはまだかなり遅れているようでした。





22P1030528.jpg





23P1030531.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

なので、西塔とのコラボもやや淋しい。





24P1480655.jpg





25P1030532.jpg

鐘楼にかかる紅葉も緑が多めのグラデーション。
この辺りが見頃になるにはもう少しかかりそうですね。





26P1030536.jpg






27P1030537-2.jpg


ということで、大伽藍の外へ。





28P1030541.jpg

道路沿いのこちらのイチョウもまだ完全に黄葉しきっていない感じ。





30P1480658.jpg

でも紅葉と合わせれば十分黄色くなっているように見えますが。





31P1030544.jpg

紅葉&黄葉越しに蓮池を望む。

そろそろ画像の数もいっぱいいっぱいになって来ましたので、ひとまずここまで。
次回はこのお向かいにある霊宝館からスタートです。

【撮影日:平成25年11月2日】




スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<高野山の紅葉・塔頭めぐり | BLOG TOP | 初秋の天橋立>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback