四季彩綴り

高雄神護寺の紅葉

00P1040279.jpg



  1. 高雄
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
さて、西明寺さんで結構な時間を費やし、すっかり朝駆けの意味がなくなってしまいましたが(汗)、いよいよ神護寺さんへ。



01P1040128.jpg

ここはお寺参りというよりは、山登りと思っておいた方がよろしいかと…。
神護寺さんの山門までは300段超の石段が続き、特に序盤はちょっと勾配がきつめなので、いきなり挫けそうになります (~_~;)




02P1040132.jpg

それでも一度目の折り返し後は少し傾斜が緩くなるのと、茶店の紅葉を愛でながら進めるので、気分的に随分楽になります。




03P1040133.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

硯石亭さんの建物と共に。
全体的にはまだ青さも残っていましたが、手前の紅葉が良い色づき具合。




04P1040135.jpg

お店の屋号にもなっている硯石。
弘法大師が墨を摩ったと伝わる旧跡です。





05P1040293.jpg

その硯石の背後に見えるのが高雄バス停(JRは山城高雄)の辺り。
ここに橋を架けてくれれば楽なんですけどね (^^ゞ




06P1040140.jpg

硯石の所で二度目の折り返しをすると視線の先に神護寺の山門が。
ここからまたきつい石段が続きますが、ゴールがそこと思えば足取りも軽く…?




07P1040142.jpg

ということで、山門前に到着。
色鮮やかな紅葉が出迎えてくれました (^-^)





08P1040148.jpg

そして、受付を済ませ山門をくぐるとこの風景。
これだけ見るととても山の上とは思えない平坦さですよね。





09P1040149.jpg

一旦振り返って山門の脇の紅葉。
根元には結構な散り紅葉も…。




10P1040151.jpg

宝蔵前の紅葉。
紅とオレンジ色が交互に。





11P1040156.jpg

紅葉の向こうに見えるのは鐘楼。
神護寺の梵鐘は日本三名鐘にも挙げられているようです。





12P1040161.jpg

さて、ずんずん進みまして境内随一の紅葉ポイントへ。





13P1040163.jpg

神護寺内で最も早く色づく紅葉の一つがこの金堂へ伸びる石段。
葉の奥の方はまだ青さが残っているようでしたが、まざまずの色づき具合。
が、速報版 にも書きましたように、この日はテレビカメラが入っていて、それを避けながらの撮影でしたので、ちゃちゃっと2~3枚だけ撮って終了。





14P1040169.jpg

大師堂前。





15P1040178.jpg

地蔵院への参道入口は紅・黄・オレンジの三つ揃いでしたが、黄色がまだちょっと青かったかな。




16P1040265.jpg

同じ紅葉を横から。
背後に石段も薄ら映り込んでいます。





17P1040188.jpg

その石段の上からの風景も一応。
こうして上から見下ろすと右側手前は青葉で、まだちょっと早かったように思いますが、左側ではほとんど散ってしまっている木もあり、バランスを考えると、このくらいがちょうど良い見頃と言えるでしょうか。




18P1040191.jpg

金堂前は凄い人だったので、色づき半ばの紅葉越しに一部のみ。
その金堂の奥にも綺麗そうな紅葉があるなと思い足を向けてみますと





19P1040193.jpg

紅葉に囲まれた不動明王像が。





20P1040194.jpg

アップで見ると紅蓮の炎につつまれているかのよう。

さて、このお不動さんの背後に山道が伸びており、そこを上って行くと




21P1040200.jpg

多宝塔の背後に。




22P1040204.jpg

囲いの中にも色鮮やかな紅葉が。





23P1040198.jpg

そして、この多宝塔の背後に文覚さんのお墓へ通じる参道が伸びているのですが、霧が立ち込め幻想的な雰囲気に。

今年こそ 7年ぶり に上がってみるつもりでいたのですが、この分では視界も悪そうと思い断念。また次の機会を待ちたいと思います。




24P1040212.jpg

多宝塔の前に回って紅葉越しに。





25P1040218.jpg

こちらは金堂。
やはり全体的にまだちょっと早かったかな。





26P1040226.jpg

地蔵院手前の石碑の辺りは真ん中の紅は鮮烈ですが、周りはまだ緑がち。





27P1040227.jpg

でも、クリスマスカラーのような取り合わせもまた面白い。





28P1040232.jpg

地蔵院の御堂前の紅葉は緑~紅へのグラデーション。
これで光が当たれば虹のような輝きが見られるでしょうに…。




29P1040234.jpg

さて、さらに進んで行きますと…





30P1040242.jpg

展望広場から望む錦雲渓。
こちらの紅葉はまだまだこれからのようでしたが、




31P1040244.jpg

部分的に黄葉&紅葉が目立つところも。
今週末辺りはこの錦雲渓を眺めながら清滝川沿いを下る散策コースもいい感じになるのではないかしら?




32P1040236.jpg





33P1040249.jpg

散り紅葉はまだちょっと早い?




34P1040269.jpg

再び石段前に戻り五大堂と紅葉。





35P1040180.jpg

色付き半ばですが葉の形がわりと綺麗だったので。





36P1040275.jpg

10時を回ると境内もこの通りの人出の多さ。
下りの参道でも旅行社のバッジを付けた団体さんと何組かすれ違ったので、広い境内とはいえ、ピーク時の人口密度は相当なものになりそう。





38P1040286.jpg

参道から見る茶店の紅葉。
往きは暗くてイマイチだったのですが、帰りは日が差してキラキラモードに。




39P1040290.jpg

紅葉より黄葉が目立ちますが、透過光でみる風景はやはり格別ですね!





40P1040297.jpg

ということで、なんだかんだ言いながらも、十分に堪能した高雄の紅葉でした (^^ゞ

【撮影日:平成25年11月16日】


《メモ》
  高雄山 神護寺 【地図】
   京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地
   TEL:075-861-1769
   拝観料… 一般500円、小学生200円
   拝観時間… 9:00-16:00




スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<泉涌寺の紅葉 | BLOG TOP | 槇ノ尾西明寺の紅葉>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback