四季彩綴り

永源寺の紅葉・ライトアップ

00P1050118.jpg


  1. 滋賀
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
湖東三山ではありませんが、それと並び称されている永源寺。
初訪問はライトアップとなりました。

※2013年の紅葉ライトアップは終了しております。



01P1050143.jpg

参道入口の紅葉。




02P1050046.jpg

燈籠に導かれ歩を進めて行きます。




03P1050047.jpg

およそ120段の石段をえっちらおっちら。




04P1050049.jpg

途中、切り立った崖のようなものが現れますが、




05P1050050.jpg

これ、よく見ると羅漢像なんですね。




06P1050138.jpg

暗くて上手く撮れないので、手近なところでライトをバチバチに受けていた一体を。




07P1050051.jpg

羅漢像を過ぎてからも思った以上に暗い参道が続き、周囲の景色も何もよくわからない状態でしたが、




08P1050053.jpg

ようやく紅葉らしい風景が。




09P1050135.jpg

こちらが総門でここで入山料を支払います。




10P1050136.jpg

総門の上の紅葉が真っ赤!




11P1050055.jpg

中に入ると黄葉&紅葉が混じった石畳の参道。




11P1050058.jpg

そして、オレンジ色っぽい紅葉の先に山門が。




12P1050128-2.jpg

ここからが紅葉ライトアップのメイン会場です。





13P1050063.jpg

こちらは大銀杏。




14P1050065.jpg

その大銀杏から紅葉、そして、本堂。
本堂ではミニライブが開かれていて、人も多かったので写真は割愛。




15P1050072.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

その本堂前から振り返れば…。
右手の建物が鐘楼で、手前に整然と並べられた燈籠、そして紅葉&黄葉と荘厳な風景が現れます。




17P1050069.jpg





18P1050071.jpg

闇に浮かび上がる紅葉の妖艶さ。




19P1050115.jpg





20P1050078.jpg

本堂からさらに伸びる燈籠の列。





21P1050079.jpg





22P1050080.jpg





23P1050081.jpg

ここが最奥エリア。




24P1050085.jpg

この紅葉、よく見ると下が敷き紅葉になっているようです。
まだ枝に残っている葉や右端の緑の苔との対比で想像するに、それは美しい深紅の紅葉ではないかと…。
ここは昼間の明るいうちに見たかったな (-_-;)





25P1050094.jpg





26P1050088.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

諸堂を結ぶ回廊の窓を額縁に見立てて。





27P1050098.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

こちらの方が宝篋印塔が入って、より幻想的か…。





29P1050099.jpg





30P1050103.jpg





31P1050104.jpg

この先が本堂。
先ほどの大銀杏も屋根越しに見えています。





33P1050107.jpg

ライトの光が眩しい!




34P1050123.jpg

だんだん冷え込んで来ましたし、そろそろお暇しましょう。






35P1050125.jpg

ライトアップももちろん素敵でしたが、お寺の全容を把握するにはやはり昼間の再訪が必要ですね。





36P1050141.jpg

最後に永源寺の脇を流れる愛知川の河原にも並んでいた燈籠。
まだほのかに遠くの山影も見えていて、とても幻想的な風景でした。


【撮影日:平成25年11月23日】


《メモ》
  永源寺 【地図】
   滋賀県東近江市永源寺高野町41
   TEL:0748-27-0016
   拝観料… 一般500円、中学生以下無料
   拝観時間… 9:00-16:00(観楓期は17:00まで)
 
   ※2013年のライトアップは既に終了しております。




スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<天龍寺の紅葉 | BLOG TOP | 京都紅葉めぐり(11/29)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback