四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

京都御苑の紅葉&黄葉

00P1060148.jpg

  1. 京都御苑
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
仁和寺龍安寺妙心寺大法院清水寺 と回って来た11月29日の紅葉めぐりの締めは京都御苑でした。



01P1060120.jpg

今出川御門より入苑。
まだ青空も見えるものの、この頃にはもうほとんど日は翳りがちになっていました。




03P1060145.jpg

奥の大銀杏も気になりますが、まずは手前の桜の紅葉にご注目。





04P1060142.jpg

これほど綺麗に色づいていて、まだ葉を落とさずにいたのもすごいですが、




05P1060142.jpg

よく見ると幹は空洞どころか、どぐろを巻いたように部分的に残っているのみ。
こんな状態でもたくさんの葉を生い茂らせる生命力の強さには、ただ驚愕するばかりです。




06P1060138_20131217191413331.jpg

そして、一條邸跡の大銀杏。





07P1060141.jpg

相変わらず見事な散りっぷりですね。





08P1060123.jpg

続いて、桜の名所・近衛邸跡へ。
すっかり葉を落とした桜の枝の奥に垣間見える紅葉。




09P1060126.jpg

内側の方はまだ青葉も残っていますが、今年も綺麗に色づいていました。





10P1060128.jpg

そして、近衛池。




11P1060129.jpg

一面真っ赤とは行きませんが、水面への映り込みも麗しく、絵に描いたような風景。





12P1060135.jpg

石橋にかかる紅葉もグラデーションが美しい。





13P1060136.jpg

次の桜の季節まで後三カ月ほど。
春爛漫の風景が今から待ち遠しいですね。





14P1060155.jpg

続いては御苑の北東側を散策。





15P1060161.jpg

迎賓館の北側にある母と子の森へ。





16P1060163.jpg

バックが青空なので外側から眺めるのももちろん良いですが、




17P1060167.jpg





18P1060180.jpg

やっぱり裏側から日に透かして見る方が好みかな?





19P1060172.jpg

こちらの銀杏はまた一段と散って降り積もるが如く…。





20P1060166.jpg

そうかと思えば、振り返るとまだほとんど色づき始め。
ここが見頃になるにはまだ一週間ぐらいかかったことでしょうね。





21P1060185.jpg

母と子の森から迎賓館前へ。





22P1060187.jpg

ここにも結構大きな銀杏が。





23P1060192.jpg

そして、学習院跡の大銀杏。
周りに木が生い茂っているので、そう大きいように見えませんが、これもかなりのものです。





24P1060196.jpg

紅葉越しに建春門。
ここはもう日が当たらなくなっていて、ちょっと暗い…。





25P1060200.jpg

かと思えば、すぐ隣では真ん中にダイヤモンドが埋め込まれた(爆)紅葉のシルエット。
大きく傾いた夕日はほんの少しのタイミングの違いで、様々な表情を見せてくれます。





26P1060203.jpg

御苑内の王様! 凝華洞跡の大銀杏。
今年も圧巻の姿を拝することができました。
黄葉期はとりわけ神々しさが増し、目の前に立つともの凄いパワーを注入される気がします。





28P1060212.jpg

そして、出水の桜のそば。
奥に紅葉、手前に黄葉が重なっていますが、





29P1060213.jpg

手前の黄葉は木の種類はわかりませんが、小さな赤い実をたくさん付けていました。





30P1060215.jpg

奥の紅葉も見事な色づき。
ここではまたお日様が味方してくれましたね。





31P1060227.jpg

出水の桜はもちろん咲いておりませんが、代わりに四季桜がちらほら咲いているところも。





32P1060224.jpg

とても小さく儚げな花ですが、寒さに負けず咲き続ける強い花です。





33P1060230.jpg

ということで、ようやくゴールの九條邸跡へ。





34P1060238.jpg

拾翠亭側はすっかり影に呑み込まれてしまっていましたが、





35P1060237.jpg

九条池の東側はまだわずかに日の差すところも。





36P1060232.jpg

実物より水鏡に映る虚像の方が鮮やか?




37P1060235.jpg

そして、最後に厳島神社側。
できればもう一時間早く来たかったところですが、でも、まあ、それなりに見どころも満載でしたので、これもまたよし!でしょうか (^_^;)

【撮影日:平成25年11月29日】




スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<大河内山荘の紅葉 | BLOG TOP | 清閑寺の紅葉>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback