四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

通天橋の紅葉

00通天橋18


  1. 東福寺
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
昨年も何度か足を運びながら、結局、臥雲橋からの眺めだけで終了していた東福寺・通天橋の紅葉

今年はふと思い立ち、少し仕事の手も空いた平日の午後に早引きして挑戦してみました。
新大阪駅からJRで京都-東福寺というルートで40分ぐらいで、だからこそできた技でもありますが、時短の分、運賃もかなり割高になりますので、普段はまず使わない手です (^_^;)

というわけで、東福寺到着が午後3時過ぎ。





01臥雲橋01

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

まずはいつもの臥雲橋からの眺め。
少し時間が遅すぎたのか、お天気は快晴でしたが、早くもだいぶん日が傾いていて、影になっている部分が多かったのは残念!






02臥雲橋02

臥雲橋から下の谷間・洗玉澗(せんぎょくかん)を見下ろすと紅葉と青葉のコラボ。
普通、この時期になると青葉と言っても多少黄色味がかって来ていたりするものですが、ここの青葉はまだしっかりと青みの強い緑。それだけに紅葉との差も際立ちます。







03通天橋19

ということで、いよいよ通天橋へ。







04通天橋03

通天橋の真ん中にある張出から見る臥雲橋方向。
やはり左半分が日影になってしまっていました。
こちら側からの眺めは、断然 背後から日が当たる午前中の方がいいでしょうね。







05通天橋04

それでも、強い夕日を受けた部分だけをクローズアップして見るとより赤さが増し、燃え盛る火のような鮮やかさで、これは本当に見蕩れるほどでした。

しかし、朝駆け好きの人間がなぜわざわざ夕方に訪れたかと申しますと…








06通天橋01

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

いつも多くの拝観者でごった返す橋の上に人影なし。
全てはこのシーンを実現するためでした。

紅葉時の通天橋は開門前からかなりの人数が並ぶことで知られていて、たとえ朝一で訪ねたとしても恐らく無理なお話。だったら逆に閉門間際ならどうだろうと昨年も毎度予定には入れていたのですが、いつも前の予定が押して結局お流れになってしまっていました。
この策を実行するには今回のような方法が最も無難だったでしょうね。






07通天橋02

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

とはいえ「秋の日はつるべ落とし…」という例えの通り、午後4時を回ると一気に日の光も弱まって来ますので、夕日が最後まで雲に隠されない、最上級にお天気の良い日に限られることかもしれません。







08通天橋06

こちらはまだそこそこ陽射しの強い頃に撮ったもの。
多くのギャラリーの写り込みは避けられませんが、キラキラ輝く紅葉の美しさはこちらに軍配が上がるのではないかと…。







09通天橋08





10通天橋09

この日は素晴らしい快晴だったのですが、角度のせいか、綺麗な青空をバックにしたものは、開山堂へ上る歩廊の途中で撮ったこれ1枚きりでした (^_^;)






11通天橋10





12通天橋22





13通天橋20

通天橋から洗玉澗へ。







15通天橋21

下から仰ぎ見る通天橋。
手前の1本はまだほとんど青葉で、その分 迫力不足?






16通天橋13

谷間の奥深い所はまだまだ青葉のままの所が多かったですが、だからこそ見られた青葉-黄葉-紅葉の三変化もこれまた見事でした。欲を言えば、もう少し陽射しがあれば… (^_^;)






17通天橋17

この庭園の中で一番好きな場所 (^-^)






18通天橋16

庭園に接している経蔵を裏側から。
ここも真っ赤な紅葉が建物にかかって美しい~♪





19通天橋14

秋の夕日に照り映ゆる紅葉。





20通天橋15

この辺りは全体的にまだ青葉がちでしたが、わずかに色づいている部分には惜しみなく日の光が当たり、改めてお日様の力が紅葉の大きな源なのだと実感させられる風景でした。





21通天橋24

ということで、いつまでも名残り惜しいですが、いよいよお時間となりすごすごと引き上げることに。




ついでに京都駅で一旦改札を出て、サッと夜の風景を撮影してみました。






22京都タワー

お馴染みの京都タワー。






23クリスマスツリー01

まだ11月ですが、早くもクリスマスツリーのイルミネーションも。






24クリスマスツリー02

ツリーとタワーを一つの画面に (*^.^*)




しかし、JRさんでは一旦改札を出て切符を買いなおした方が、通しで買うより安いという…。
どうも納得が行きませんね。

  新大阪-京都  540円
  京都-東福寺  140円

  新大阪-東福寺 740円

わずか60円の差ですが、もしデパートなど駅外施設に立ち寄りたいと思う時は、どんどん途中下車して構わないってことでもあります (^-^)/



【撮影日:平成22年11月19日】



《メモ》
  東福寺 【地図】
   京都市東山区本町15丁目778
   TEL:075-561-0087
   拝観料…通天橋・開山堂 400円(小中学生300円)
   拝観時間… 9:00-16:00




スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用


<<大原・寂光院の紅葉 | BLOG TOP | 御寺・泉涌寺の紅葉>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。