四季彩綴り

富士観望2014-(2)駿河湾クルーズ

00P1070095.jpg


  1. 東海
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
さて、明けて2日は静岡県の清水市からスタート。
2年前と同じく 船で伊豆半島へ渡ろうという目論見でしたが、




01P1070052.jpg

朝一の清水港では、前回のリベンジと言わんばかりに雲一つない青空が広がり、富士山もバッチリ見えていました。





02P1070054.jpg

清水港と伊豆・土肥港をおよそ65分で結ぶ 駿河湾フェリー
洋上より富士山を眺めながらの船旅を楽しむことができます。




03P1070058.jpg

船に乗り込み甲板に出ると一日遅れのご来光も拝むことができました。




04P1070060.jpg

前方に富士山。




05P1480750.jpg

後方は清水港の倉庫街。
こちらも朝日を浴びて眩しいばかり…。




06P1070065.jpg

午前8時清水港出航。




07P1070067.jpg

富士山三昧の船旅の始まりです!





08P1480752.jpg

一昨年よりも遥かにくっきりと見える富士山。




09P1480753.jpg

頂上の辺りは雪煙が立ち上っているよう。

しかし、これほどはっきりと見えるということは、非常に冷え込んでいて風もきついということの表れでもあります (^_^;)





10P1480762.jpg

一方、振り返るとこちらは世界遺産登録で話題の三保の松原。





10P1480762-2.jpg

こちら側は特に風の勢いが凄まじく、望遠での撮影はブレブレになってとても無理でした。






11DSC_0122.jpg

船が進むにつれ、どんどん波が高くなって行きます。





12P1070075.jpg





13P1070088.jpg

まあ、すぐ手前の白波は船自身によるところが大きいのですが… (^_^;)






14P1480769.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

甲板の窓(?)を額縁に見立てて。





15P1480776.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

宝永火口と宝永山をクローズアップ。





16P1480774.jpg

だんだん伊豆半島に近づいて来ました。





17P1070094.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

この辺りが一番波がきつかったかな?





19P1070097.jpg

ということで、ほぼ定刻どおり9時過ぎに土肥港に到着。

久しぶりの船旅は、あまりの揺れの激しさに乗客の中には船酔いに苦しむ方もおられたようですが、富士山を追いかけて始終ウロウロしていたせいか(爆)、至極楽しく過ごすことができました (^-^)

【撮影日:平成26年1月2日】




スポンサーサイト

テーマ:世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル:旅行


<<富士観望2014-(3)西伊豆縦走 | BLOG TOP | 富士観望2014-(1)富士川>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback