四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

富士観望2014-(3)西伊豆縦走

00P1070111.jpg

  1. 東海
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
清水より土肥に渡り、伊豆半島をドライブ。
西伊豆スカイラインを北上します。



01P1070100.jpg

路肩には年末に降った雪の名残りが。
上空を覆い始めた雲も少々気になります。





02P1070101.jpg

道中、所々で富士山が顔をのぞかせます。




03P1070102.jpg





04P1070104.jpg

先に進むにつれ、視界から雲も消えて行くよう。
おそらく伊豆半島自体にかかる雲だったのでしょうね。





06P1070123.jpg

ということで、今回の富士観望リベンジ第二弾はこちら、だるま高原展望所。






08P1480788.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)
(さらに横長のワイドパノラマ画像は こちらからどうぞ

駿河湾越しに雪をいただく富士山、そして、東は箱根連山から西は南アルプスの嶺々(このアングルでは見切れています)まで一望の下にできるパノラマビュー。

昭和14年に開催されたニューヨーク万国博に、「日本一の富士の展望台」として日本政府が出品し、大絶賛を博したという大パノラマ写真(高さ8.2m×幅32.7m)の撮影地がここ、だるま高原展望所だそうです。

前回 はすっかり雲に覆われていて見ることができなかった絶景にようやく会えました!
ただ、この日もやや見通しは悪く、箱根連山や南アルプスなどはぼんやり霞んでいましたが…。
でも、肝心要の富士山がしっかり観られたので大満足!(^-^)





10P1480791.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

少し画角を狭めて。





11P1480791-11.jpg

さらに富士山に寄って…。
船上からと比べるとかなり東に寄っているので、宝永噴火口がほとんど真正面に来ました。その反面、手前の宝永山は目立たなくなりましたが…。





12P1480782.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

拡大画像でないとわかりづらいかもしれませんが、宝永山を避けるようにそこだけ雪がなく黒々としています。





13P1480784.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

富士山にばかり目が行ってしまいますが、淡島を中心とした内浦湾、江浦湾の風景も中々のものですよ。ただ、午前中は逆光になるので、これより南東方向の中伊豆方面はちょっと見づらいですが…。


ということで、ここでも無事リベンジを果たし下山。
今回は修善寺方向ではなく、北の西浦地区に降りるルートを選択。
山の上からとはまた違う、海越しに下から仰ぎ見る風景を求めて来たのですが、




14P1480798.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ちょうど折よく恰好の被写体が登場。





15P1480795.jpg

停泊中のヨット越しに富士山を。
しかし、ここでついに東側に雲が現れ始めました。

当初はこの後は 昨年2月に上った 葛城山ロープウェイも選択肢に入れていたのですが、時間の都合もあり断念。

沼津方向に車を進め、次に訪ねたのはこちら。





16P1070134.jpg

千本浜公園。
平維盛の遺児・六代の助命の舞台で、近くには「六代松」の史跡もありますが、ここから松林越しに富士山を眺めることも予てよりの願望の一つでした。





17P1070135.jpg

海岸は波荒し。





18P1480801.jpg

肝心の富士山も右側がほとんど雲に隠されてしまっていました。
この好天で気温も結構上がっていたので、これもやむなしか…。

こちらのリベンジはまた次の機会を待たねばならないようです (^_^;)

【撮影日:平成26年1月2日】



《今回のドライブルート》



より大きな地図で 西伊豆縦走 を表示






スポンサーサイト

テーマ:伊豆・箱根・富士五湖 - ジャンル:旅行


<<富士観望2014-(4)山中湖 | BLOG TOP | 富士観望2014-(2)駿河湾クルーズ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback