四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

京の雪景色(1)嵐山

00P1070894.jpg


  1. 嵐山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
すっかり「遅ればせながら…」になってしまいましたが(汗)、1月19日の京都雪見めぐりのレポをお送りして参ります。

まあ、ここのところ春めいた気候が続いていましたが、奇しくも(?)明日辺りはまた積雪がありそうな気配で、結果オーライ的にタイムリーな話題になるかもしれませんが (^_^;)


1月19日は午前6時半頃に大阪を出発。
その時点では自宅周辺に積雪はなく、飛ばされて来ていると思われる雪がちらちら…というぐらいでした。が、名神高速に入ると吹田IC辺りから横殴りと言ってもいいぐらいの強い降りとなり、その頃はまだ日の出前で暗くて周りはよく見えなかったのですが、




01P1070882.jpg

大山崎JCTから京都縦貫道に入り、大原野IC付近では路面もうっすら雪に覆われていました。




02P1070886.jpg

一般道に降りるとさらに積雪は多くなり、ノーマルタイヤではかなり危険な状態。
また、この時は一瞬明るくなりかけたのですが、程なくまた雪が降り始めました。

この後、某珈琲チェーン店で朝食休憩を取ったのですが、これがちょうど良い雪待ちになり、




03P1070890.jpg

再始動後は青空も顔をのぞかせ始めました。





04P1070893.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

松尾橋上より。
どれが何という山かよくわかりませんが、綺麗に雪化粧した山の峰々が広がり壮観!





05DSC_0270.jpg

対岸に渡ると小倉山に愛宕山も見えて来ました。





06P1070897.jpg

愛宕山の山頂にはまだ雲がかかっていて、なおも雪を降らせていたのかもしれませんね。





07P1070902.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

渡月橋のだいぶん手前より嵐山を。
が、こちら側は雪で真っ白!とは行かないようです。





08P1070906.jpg

一旦、渡月橋の向こう側まで行って橋の上からの眺めもチェック。





09P1070908.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

手前の低くなだならかな山が小倉山(標高286m)。
そして、奥の真っ白な山が愛宕山(標高924m)。
遠近法でそう大差ないように見えますが、実際の標高を見ればこの差も納得ですね。





10P1070909.jpg

ここでも愛宕山の山頂は見えそうで見えない…。





11P1070909-2.jpg





12P1070910.jpg

再び渡月橋を渡り直して、橋のたもとからの眺め。






13P1070911-2.jpg

山に雪が見えなくても、法輪寺の多宝塔の屋根が雪を頂いて真っ白になっている姿はとても風情がありました。





14P1070911.jpg

雪の嵯峨野めぐりも捨て難かったのですが、この辺りは日が差し始めると一気に融けてしまいそうなので、この眺めだけ押さえて、もう少し北の方を目指して参ります。

【撮影日:平成26年1月19日】



スポンサーサイト

テーマ:雪景色 - ジャンル:写真


<<京の雪景色(2)金閣寺 | BLOG TOP | 灘黒岩水仙郷>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback