四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

京の雪景色(3)大原へ

00P1080215.jpg


  1. 大原
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
金閣寺の跡は毎度同じ流れですが一気に大原へ。
北山で既に雪融けが進んでいるということは、市街地ではほとんどが同じかそれ以上に融けてしまっている可能性があるので、確実な線を狙うなら鞍馬か大原辺りかな…と。



01P1080019.jpg

八瀬の手前のちょうど蓮華寺さんの前辺りからの車窓の眺め。
正面に雪化粧した比叡山が聳え立ちます。





02P1080025.jpg

八瀬トンネルの手前の樹氷。





03P1080026.jpg

やがて青空がまた現れると、雪がいっそう白さを増したように感じられました。






04P1080027.jpg

この辺りまでは期待以上の素晴らしい絶景が広がっていたのですけどね…(^-^)







11P1080030-2.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ようやく大原に着いてみるとこの猛吹雪。
これはこれで幻想的ですが、こんな降りの中を歩き回るのはかなり厄介 (~_~;)






12P1080033.jpg

ところが、次の瞬間には日が差しているという不思議。
でも、それも本当に一瞬のことでした。





13P1080182.jpg

三千院前の参道も雪かきはされていましたが、その上からまたぞろ雪が降り積もろうとします。





14P1080185.jpg

モノトーンの風景の中でひときわ存在感を示すのは律川に架かる朱塗りの橋。
しかし、橋の上もかなり雪が積もっており、渡るのにもおっかなびっくりで… (^_^;)





15P1080198.jpg

正面に見えるのが勝林院。
雪で真っ白の大屋根が目を引きます。





16P1080188.jpg

拝観中の札が出ておりましたが、ごめんさない!
今回は入口のみでスルーさせていただきました。
この足元の悪さでは靴を脱いで御堂に上がるのがどうも億劫なもので…。





17P1080195.jpg

入口近くの鐘楼。





18P1080191.jpg

そして、宝泉院さんの前から勝林院さんの御堂を。
その宝泉院さんもやはりパスしてしまいましたが。





19P1080189.jpg

勝林院の前にあった山茶花。
すっかり雪に埋もれてしまっていますが、この鮮烈な赤は隠し切れませんね。





20P1080197.jpg

時折青空も垣間見えて来たりしますが、依然として雪も降り続けています。





21P1080199.jpg

こちらもお邪魔したかったのですが実光院さん。
しかし、これだけ積雪があるとお庭を歩いて見て回るのは大変ですのでね (~_~;)





22P1080186.jpg

実光院の向かい側にある法華堂。
後鳥羽院の菩提を弔うために建立されたものと伝えられています。





23P1080201.jpg

再び朱塗りの橋を渡って向こう側へ。





24P1080042.jpg

橋を渡ってすぐの所に建つ熊谷直実腰掛石と鉈捨薮の碑。
誰が作ったのか、可愛らしい雪だるまがちょこんと乗っかっていました (^-^)

ということで、次回は三千院の雪景色をお送りします。

【撮影日:平成26年1月19日】





スポンサーサイト

テーマ:雪景色 - ジャンル:写真


<<京の雪景色(4)三千院 | BLOG TOP | 京の雪景色(2)金閣寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback