四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

大阪城梅林

00P1080966.jpg


  1. 大阪
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
週末になると大雪というルーティンもようやく解け、これからは春に向けて一直線!…となるかどうかはまだわかりませんが(汗)、そろそろ梅のたよりも聞かれるようになって来たので、一昨日の日曜日に大阪城の梅林の様子を見て来ました。




01P1080955.jpg

開花情報などでは「咲き始め」となっていましたが、結構咲いている?





02P1080968.jpg





03P1080971.jpg

早咲き種のものはもう満開に近い状態で見ごたえ十分。





04P1080959.jpg





05P1080961.jpg

しかし、そうでないものはまだちらほらか、遅咲きのものなどはまだ蕾のまま。





06P1080999.jpg

南へ行くほどその手の木が多いようで、だんだん淋しい状態になって来ます。





07P1080972.jpg

この辺りは普通の梅より開花時期の早い蝋梅が、盛りを過ぎたとはいえ、人目を引くには十分の存在感を見せていました。





08P1090007.jpg

これはまた別の場所の蝋梅ですが(先ほどの場所は近づけなかったので)、このぐらいの距離からなら黄色も鮮やかに見えます。





09P1090008.jpg

そんな蝋梅の足元にひっそりと咲く水仙の花。
たまたま寂しげに咲いていたものをピックアップしましたが(汗)、あちらこちらの梅の木の下で可憐な花を咲かせていました。



でも、梅の中にも今が最盛期というものも。




10P1080984.jpg

売店の真ん前にある大きな株の一重野梅。
これは毎年早い時期に満開を迎えますが、ここの花が咲くと天守閣と絡めて色々遊べるので、写真撮影が楽しくなります♪




11P1080987.jpg





12P1090044.jpg





13P1090041.jpg

なお、背景が青空だったり曇天だったりするのは、少し時間が前後するため。朝一は雲一つないような快晴でしたが、次第に雲が出て来て、それでも大阪城に着いてすぐの頃にはまだ青空が残っていたのですが、あれよあれよという間に空全体が雲に覆われてしまったのでした。

一度に撮れればどちらかに偏るのですが、どうしても人待ちなどで後から撮り直したりするため、こういうことになってしまいます (-_-;)


それはさておき、白梅の後は紅梅の満開さん。



14P1090020.jpg

名前は「大盃」とありました。




15P1090022.jpg





16P1090026.jpg

その大盃と天守閣。
周りの木が咲き揃って来るともっと華やかになるのですが、たった一本の紅梅だけでも大した存在感です。





17P1090034.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

とはいえ、全体を俯瞰すればまだこの程度。
早咲きのものは奥の北側に多く、手前の南側はまだほとんど咲いていません。
今週はかなり気温が高めの予報なので、開花のスピードもアップして来るとは思いますが、満開になるにはもう少し時間がかかりそうな気がします。





18P1080998.jpg

でも、こういうちらほら咲きのシンプルさも好きです (^-^)





19P1090011.jpg

小ぶりの花が儚げな「古今集」。





20P1090017.jpg

こちらも小ぶりですが、密集して咲いているのでどこか賑々しい「緑萼」。





21P1090079.jpg

花が下向きにつく「八重海棠」。





22P1090070.jpg

名前の通り小さめの花の「小梅」。
萼の部分が綺麗な赤色をしています。





23P1080974.jpg

同じく萼が赤で、花もうっすらピンクがかっている「旭鶴」。





24P1090068.jpg

もっとピンクっぽい「鈴鹿の関」。





25P1090057.jpg

艶やかなピンク色の八重は「呉服枝垂れ」。
枝垂れ系はこれに限らず全体的に遅咲きのものが多いような気がします。





26P1090067.jpg

これは名前を忘れてしまいましたが(汗)、背も低く一つ一つの花が小さく可愛らしい木でした。





27P1090005.jpg

そして、最後に紅梅。





28P1090006.jpg





29P1090065.jpg





30P1090073.jpg

寒紅梅や鹿児島紅、緋の司などの名前を記憶していますが、どれがどの花だったか区別がつかず… (^_^;)





31P1090052.jpg

ここが絵になるようになれば最盛期。
今週末ぐらいか、来週半ばぐらいまでずれ込むか…、予想は難しいですね (-_-)

【撮影日:平成26年2月23日】




スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<第一なぎさ公園の寒咲花菜 | BLOG TOP | 雪の浄瑠璃寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback