四季彩綴り

城南宮神苑

00P1090591.jpg


  1. 鳥羽
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 
 
 
前週の3月1日はまだ咲き初めだった城南宮を二週連続で訪ねてみました。



01P1090561.jpg

神苑入口で出迎えてくれたのは有楽椿。




02P1090561-2.jpg

織田信長の実弟で茶人として知られる織田有楽斎が、茶花として愛用したという花。この画像は日陰のものですのでイマイチ色が冴えませんが、薄紅色の品の良い花でした。




03P1090565.jpg

他にもいろいろ椿が植わっていますが、気持ちはもうその先へと向かっています (^_^;)





04P1090567.jpg





05P1090571.jpg





06P1090592.jpg

白とピンクの枝垂れ梅。
どちらも中々良い塩梅に咲いてくれているようですよ。






07P1090574.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

今年も見事に咲いてくれました!
まるで目の前で花火が飛び散っているかのよう。

いつの間にかカメラの画角が3:2に切り替わってしまっていたので、縦幅の短い画像ですみません。両サイドとも切るに切れなかったものですから…(^_^;)





08P1090586-1.jpg

そば近くに寄ると降り注ぐシャワーのように迫って来ます。





10P1090588.jpg

奥には白の枝垂れ梅もあるのですが、ピンクに遮られてはっきりとは見えません。





11P1090577.jpg

これぞまさに春爛漫!の風景ですね。






12P1090596.jpg

これも白の枝垂れ梅ですが、透き通るような白さの一重咲きです。





13P1090576.jpg

枝垂れ梅が盛りを迎えているそばで終焉を迎えつつあったのが雲龍梅。





14P1090239.jpg

前週はまだ見頃を迎えていない枝垂れ梅をよそに、華やかに咲き誇っていたましたが、これも盛者必衰の理か…。






15P1090617.jpg

ピンク色の枝垂れ梅が多い中、数は少ないですが、濃い紅色の枝垂れ梅も。






16P1090627.jpg

枝垂れ梅の向こうには竹林も。
竹と梅は意図的な配置でしょうか。





17P1090630.jpg

その竹林の先には椿も植わっています。





18P1090603.jpg

そして、再び枝垂れ梅。
苔の緑と梅のピンクという取り合わせも素敵ですね。





19P1090606.jpg





20P1090634.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

植込みの奥の落ち椿と枝垂れ梅とのコラボ。







22P1090637.jpg

真っ赤な椿に花粉の黄色が金粉のように振りかかります。





23P1090639.jpg

美しい花の影で虎視眈々と狙いを定める輩も!






24P1090641.jpg

続いて「平安の庭」に移動するとこちらにもまた梅が。
この角度からはまるで一本の木のように見えますが、





25P1090643.jpg

実は白梅と紅梅の2本立て。





26P1090645.jpg

ここでも優勢なのは紅梅でした。





27P1090286.jpg

常緑の松を中心に据えた池。





28P1090292.jpg

春と秋に曲水の宴が催される遣水の辺りも、今はあまり足を止める人もなく、ひっそりとしています。





29P1090646.jpg

ただ、その奥に見え隠れする華やかな場所には思わず目が行きますね。





30P1090673.jpg

摂社の唐渡天満宮の脇の梅だったようです。





31P1090662.jpg

こちらは白梅が優勢で紅梅はまだほとんど蕾でした。
今頃は形成が逆転しているでしょうか?





32P1090647.jpg

参道を越えて再入苑した室町の庭でも茶室・楽水軒の前に紅梅と白梅が1本ずつ。右端には先ほどの唐渡天満宮の白梅も借景になっています。




33P1090648.jpg

これは紅白とも甲乙つけ難い!





34P1090653.jpg

少し目を横に転じると、ここでは松と紅梅の取り合わせ。




35P1090654.jpg

松竹梅3点が一か所に揃うことはありませんでしたが、こうして見るとやっぱりおめでたい気がしますね (^-^)

【撮影日:平成26年3月9日】


《メモ》
  城南宮・神苑 【地図】
   京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
   TEL:075-623-0846
   入苑料:一般600円、小中学生400円
   拝観時間… 9:00-16:30(受付は16時まで)



スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<北野天満宮・梅苑 | BLOG TOP | 西八条界隈をぶらり散策>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback