四季彩綴り

大阪城公園の桜・外堀編

00P1110400.jpg


  1. 大阪
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
さて、大川端の散策から大阪城公園に。
まずは外堀沿いを北から東へと歩いてみます。



01P1110394.jpg





03P1110396.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

桜が逆光で陰になっていますが、早速天守閣との絡みをゲット!





04P1110402.jpg

こちらは大阪ビジネスパークのビル群が背景。
こんな桜の花の下でお弁当を広げるのも良いでしょうね。





05P1110407.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ちょっと無理やりなアングルですが(汗)、外堀を挟んで天守閣と桜を。
水鳥たちが泳ぎ回っているので、鏡のようには行きませんが、桜の映り込みも日の光を受けて輝くばかりでした。





06P1110408.jpg

さて、引き続き歩いて行くと、何やら華やかなエリアに。





07P1110409.jpg

大阪城公園といえば梅林が有名ですが、桃園もあります。
しかし、ガラス張りのビルからの反射が眩しい!





08P1110411.jpg

一本の木に白とピンクの花を付ける源平咲き分けの桃。





09P1110412.jpg

花一つ全体がピンクなものと




10P1110413.jpg

一つの花の中で白とピンクが混じっているものもあります。
梅の咲き分けと同じですね。





11P1110417.jpg

こちらは同じ源平咲き分けでも枝垂れ桃。




12P1110424.jpg

他に真紅の枝垂れ桃も。





13P1110421.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そこに青空も加わって、鮮やかな色の競演はインパクトあり過ぎです! (^_^;)





14P1110426.jpg

極彩色の桃園の後だとちょっと地味に映りますが、桃園の前からも桜越しに天守閣が。





15P1110427.jpg

しかし、この辺りは緑の木も多くて、しっくり来るアングルにはなりませんね。


ということで、また外堀沿いを進み、いつも梅林へ行く際にくぐる青屋門も通り過ぎて、東外堀をめぐります。





16P1110434.jpg

ようやくそれらしい場所が現れました。
ここはちょうどJR大阪城公園駅から大阪城ホール脇を通って外堀に行き当たる場所です。





17P1110439.jpg

が、桜はボリューム十分ですが、天守閣の最上層しか見えません。
しかも、天守閣の側にも高い木があって遮るので、これより下がってもやはりその木に隠れてしまうのですよ (-_-;)





18P1110441.jpg

とはいえ、ここからまたしばらく桜並木が続くので、ちょうど良い位置を探りつつ、さらに進んで行きます。





19P1110449.jpg

ここも真正面を緑の木が隠している。





20P1110456.jpg





21P1110471.jpg

この辺りかな?





22P1110459.jpg

桜越しでなくストレートに石垣・桜・天守閣。
この桜も結構大きそうなのですが、石垣や天守閣のスケールの大きさと比べると可愛く映ってしまいますね(^_^;)





23P1110474.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

この辺りで今まで歩いて来た道を振り返ると、お堀の外側にはまとまった桜並木が見えますが、石垣の向こう側は他の木々に挟まれつつちょこちょこ見えるぐらい。




25P1110472.jpg

しかし、ここから南側は桜てんこ盛りのエリアなのですよ。





27P1110477.jpg

特等席から桜を眺めつつ(?)泳ぎ回る水鳥たち。





28P1110479.jpg

さて、そろそろ外堀の内側に入りますよ。





29P1110480.jpg

外堀の天守閣側の際に立つ桜並木。
左側はメタセコイヤの木でしょうか、満開の桜と冬枯れの木のコントラストが好対照。
ここは人は立ち入れないようになっているので、下草も青々としていて、とても印象的な風景でした。

ということで、ここから先はページを変えて、次回お送りいたします♪

【撮影日:平成26年4月2日】




スポンサーサイト

テーマ:桜めぐり - ジャンル:旅行


<<大阪城公園の桜・天守閣編 | BLOG TOP | 大阪・大川端の桜>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback