四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

京の桜2014-平野神社・その2

00P1110673.jpg

  1. 北野
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
前回(3/29) から一週間後に、再び平野神社を訪ねました。


01P1110591.jpg

今回も西大路側の鳥居から境内へ。




04P1110594.jpg

屋台がずらりと軒を並べる参道の桜も満開になっていました(正確には盛りは過ぎていましたが)。





06P1110597.jpg

桜苑も気になりますが、まずはお参りを。





07P1110600.jpg

神門前の魁桜もまだしっかりと花を咲かせていました。
前週でも微妙にピークは過ぎているようでしたので、ここまで粘ってくれているとはちょっと驚きでした。





09P1110641.jpg





08P1110642.jpg

よく見ると緑の葉も出て来ていて、雪のような白さが印象的だった前週とは別物のようになっていましたが、でもやっぱり美しい桜です。





10P1110602.jpg

お参りの前に、一旦鳥居の外まで下がってみました。
手前のソメイヨシノが満開で、これまた一週間前とは別風景。





11P1110603.jpg

本当に桜で埋め尽くされています。





12P1110605.jpg

ソメイヨシノは盛りを過ぎていましたね。





13P1110609.jpg

八重紅しだれ桜はまだまだ蕾の残る4~5分咲きくらいだったでしょうか。





14P1110610.jpg

蕾はもちろん、咲いた花びらにもピンクの色が強く出ていて、色合い的にはこのぐらい美しいですね。





15P1110612.jpg

さて、いよいよ神門内へ。
こちらもだいぶん華やかになっていました。




16P1110624.jpg

平野神社の代表的名桜の一つ「寝覚桜」。
白い花びらに緑の葉が映え、目の覚めるような美しさ…というのが呼称の由来のようです。





18P1110614.jpg

神門内にも八重紅しだれ桜がありますが、こちらはまだほんの咲き初めでした。
やはり日当たりの加減とかで差がでるのかしら?




19P1110629.jpg

この画像では色が似ているので、紅しだれが満開と思ってしまいますが、奥にある別の木が被っているのですよ。





20P1110635.jpg

本殿前の2本の木が見頃を迎えつつありました。




21P1110638.jpg

まだ蕾の多い左側のが「衣笠」。





22P1110617.jpg

これもピンク色の強い可愛らしい花です。





23P1110631.jpg

そして、右側が「胡蝶」。
満開時にはあたかも蝶が舞っているかのように見えるのがその名の由来。





24P1110633.jpg

とても大ぶりの花で、一重ですが遠目には八重桜と見紛うほどです。





25P1110620.jpg

舞殿越しに衣笠・胡蝶・八重紅しだれを。
まだちょっと早かったですね。紅しだれが満開になると絵になるのですが…。





26P1110646.jpg

お参りを済ませて神門外へ。
日が高くなるにつれ、魁桜の輝きがさらに増すよう。





27P1110649.jpg

さて、お次は桜苑へ参りましょう。





28P1110656.jpg

日が差すとパッと明るくなって、これこそ目の覚めるよう!(^_^;)





29P1110659.jpg

散りも始まっていて、花のボリュームは減っているのでしょうが、それでもまだまだ美しい桜のトンネル。





30P1110665.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

満開の桜の前に仁王立ちの鹿さんたち(笑)。





31P1110661.jpg

いのししの背中に散った花びらが点々と…。





32P1110670.jpg

足元を見ればあちらでこちらでも…。





33P1110663.jpg

でも、この散った花びらも含めて、このくらいの時期が一番の「見頃」と思う今日この頃。





34P1110672.jpg

咲き初めの八重紅しだれ桜と、ピークは過ぎてもなお、まだまだ譲らじと存在感を誇るソメイヨシノ。両方同時に見られるのは至福の時ですね。





35P1110669.jpg

朝日を受けてキラキラと輝く花々に見送られつつ、平野神社を後にしました。



そして、もう一つおまけ!



36P1110683.jpg

嵐電の桜のトンネル。
こちらもピークは過ぎていましたが、まだ満開のうちに乗り合わせることができました。




37P1110684.jpg

当初はこの後は嵯峨嵐山へ向かうつもりだったのですが、タイムロスや花の状態を鑑みて急遽予定変更。

まずは例年必ず拝見しているのに、今年はなぜかうっかり漏らしていたあの桜に会いに参ります。

【撮影日:平成26年4月5日】


《メモ》
  平野神社 【地図】
   京都市北区平野宮本町1番地
   TEL:075-461-4450
   開門時間… 6:00-17:00(桜花期は22:00まで)




スポンサーサイト

テーマ:桜めぐり - ジャンル:旅行


<<京の桜2014-法金剛院 | BLOG TOP | 大阪城夜桜>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback