四季彩綴り

京の桜2014-原谷苑

00P1120442.jpg


  1. 衣笠
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
平安神宮神苑の桜ですっかり満腹状態になり(汗)、この後はいったいどこへ行ったら良いものやら…と一しきり黙考。で、せっかくの平日だし…とふと思いついたのが原谷苑。

京都の桜めぐりの中では結構高額な入苑料でこれまで避けていたのですが、平日の方が若干お安くなるということもあり、ものは試しと行ってみることにしました。

場所は金閣寺から北西2kmぐらいの山間ですが、一般向けの駐車場がないためマイカーの乗り入れは禁止で、アプローチとしては市バス利用が一般的。それでも、1時間に1本あるかないかの便数ですので、そういう点でも結構ハードルの高いスポットでもあります(そのわりに平日にも関わらず、どこから湧いてきたのか?と思うほど結構な人出でしたが)。

なお、桜が最盛期の時期には金閣寺近くから無料のシャトルバスも運行されていますが、小型のバスですのですぐに満員になってしまい、次の便まで30分ぐらい待たなくてはならないこともあるようですので要注意です。《2014年度は運行終了しています》


ということで、ちょいと前置きが長くなりましたが、いよいよ本題へ!

毎度のことですが平安神宮で予定以上に時間をかけてしまい(汗)、さらに休憩がてらに早めのランチも摂っていたりしたものですから、結局現地に到着したのはお昼過ぎ (^_^;)

まだ何とか青空は残っていましたが、朝一のような澄んだ空気ではなくなってしまっていたのがちょっと残念でした。




01P1120523.jpg

こちらでも早速満開の八重紅しだれ桜がお出迎え。




02P1120456.jpg

少し山間にあるので、市街地よりは遅れているかと思いましたが、それほど大差はなかったようです。




03P1120514.jpg

平安神宮神苑の比ではない密度の濃い紅しだれ桜の森。
原谷苑は桜好きの個人が一山丸ごと桜農園にしてしまい、紅しだれだけでなく、ソメイヨシノから遅咲きの八重桜まで20種以上、およそ400本も植えられているそうです。




04P1120497.jpg





05P1010639.jpg

こちらはソメイヨシノかな?
メジロが蜜を啄みにやって来ていました。



そして、こちらの最大の見どころは桜だけでなく、



06P1120452.jpg

黄色の花や




07P1120446.jpg

ピンクの花や





08P1120484.jpg

赤や白の花もあったりと





09P1120437.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

様々な春の花が一緒に植えられているところ。
まさに花の楽園です!





10P1120428.jpg

黄色の代表はヤマブキに





11P1120458.jpg

レンギョウに




12P1120474.jpg

変わったところでは土佐ミズキなど





13P1120478.jpg

ピンクは吉野ツツジに




14P1120469.jpg

シャクナゲ




15P1120439.jpg

赤は木瓜に




16P1120427.jpg

椿に





17P1120459.jpg

これは花ではありませんが、常紅のノムラモミジの若葉。





18P1120445.jpg

紅しだれと合わせてもその鮮やかな紅さにハッとさせられます。





19P1120480.jpg

一つ一つはそれぞれ自己主張の強い花々ですが、





20P1120481.jpg

それらが束になっても紅しだれ桜の迫力の前には叶いません。





21P1120492.jpg





22P1120505.jpg

これでもかと次々に現れる色の洪水に、ただ流されるままに彷徨い続けたひと時でした。





23P1120509.jpg





24P1120513.jpg

しかし、正直に言うと、第一印象がとんでもなく凄まじかったわりに、色合わせのパターンも大体同じなので、次第にどこを向いても似通った風景に見えて来て、最後の方は惰性的になってしまった部分もなきにしもあらず。

一見の価値は大いにありですが、二度三度とリピートするかというと、ちょっと微妙でしょうか (-_-;)

【撮影日:平成26年4月8日】


《メモ》
  村岩農園・原谷苑 【地図】
   京都市北区大北山原谷乾町36
   TEL:075-461-2924
   入苑料… 平日:一般1200円(土日祝日は1500円)、小中学生500円
   開苑時間… 9:00-17:00


スポンサーサイト

テーマ:桜めぐり - ジャンル:旅行


<<京の桜2014-京都御苑・再 | BLOG TOP | 京の桜2014-平安神宮・後編>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback