四季彩綴り

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

奈良の花めぐりダイジェスト

00P1000726.jpg


  1. 桜井初瀬
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
Twitterでは昨夜の内にアップしていましたが、奈良の花名所を訪ねて来ましたので、軽く画像をアップしておきます。


まずは初瀬の長谷寺。



01P1000704.jpg

登廊脇を彩る牡丹の花。




02P1000684.jpg

ほぼ満開の状態で色彩豊かな空間が広がっていました。





03P1000718.jpg





04P1000761.jpg

本堂前の舞台からは目にも眩しい新緑。
今年こそは紅葉の時期にお邪魔したい!






05P1000795.jpg

五重塔下の斜面ではシャクナゲの群生が。






06P1000819.jpg

開山堂前の華やかなピンクはハナミズキ。






07P1000894.jpg

あと名残りの八重桜も。





08P1000892.jpg

これが今年見る最後の桜になりそうです。





09P1000879.jpg

最後に本坊前庭の牡丹。
こちらは日当たりが良すぎるようで、ほとんどが盛りを過ぎていました。
左の枝垂れ桜の緑と右の野村紅葉の対比も面白い。





10P1000901.jpg

おまけで西参道の終点近くの池にいた亀。
親亀の上に子亀を載せて…な状態で甲羅干ししていました (^_^;)




続いては奈良市内に移動しまして、春日大社万葉植物園の「藤の園」。




11P1000978.jpg

春日大社の社紋にちなみ特に造営された「藤の園」には20品種、およそ200本もの藤の木が植栽されているそうです。





12P1010014.jpg

長く垂れ下がる紫の藤に




13P1000967.jpg

清らな白藤





15P1010011.jpg

まさしくブドウの房のように見えるこちらは





16P1000961.jpg

八重黒龍藤
濃い紫と白っぽい花色が作り出す陰影が、よりブドウらしい立体感を与えているのでしょうね。





17P1000933.jpg

他にもアヤメや




19P1010030.jpg





18P1010029.jpg

シャガの花の群生も見られました。



ところで、万葉植物園だけでなく、春日大社の御本殿の方にも「砂ずりの藤」と呼ばれる銘木がありますが、



20P1010051.jpg

残念ながらあまり房が伸びておらず、数も少なめ。




21P1010053.jpg

場所によってはそこそこ垂れている所もあるのですが、万葉植物園の藤を観た後では淋しさが否めず…。





22P1010040.jpg

その替わりと言っては何ですが、社殿脇に聳え立つ野生の藤が花盛りでした。





23P1010062.jpg

急な天候の変化で小雨が降り出すような曇天となり、画像が暗くなってしまいましたが、木全体が紫色に染まっている光景は圧巻でした。





24P1010068.jpg

なお、内侍門の内側にも美しい藤棚がありましたが、こちらは特別参拝のエリアですのでそば近くで見るためには初穂料が必要です。


【撮影日:平成26年5月3日】




スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<彦根城の桜(2) | BLOG TOP | 彦根城の桜(1)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。