四季彩綴り

等持院の紅葉

01門前01



  1. 衣笠
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
金閣寺の西南、立命館大学のすぐ南にある等持院。
室町幕府初代将軍足利尊氏の墓所として知られる寺院であり、こちらもまた紅葉の美しいやや穴場的な名所です(観光タクシーの普及などによりこれまで穴場とされていた場所も、年を追うごとに穴場でなくなりつつありますが)。






02北庭01

ダルマさんの衝立の向こうに見えるのは…







03北庭02

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

枯山水の方丈南庭。
中央に一本だけある紅葉が美しく色づいていました。







04北庭04

アップにすると下の方は青葉も見え隠れしていますが、2年前に訪ねた時には時期が早くてまだあまり色づいていませんでしたので(当該記事はこちら)、ちょうど良いタイミングで訪ねることができたようです (^-^)






05南庭02

続いて裏側の北庭へ。
こちらは池が廻らされた池泉回遊式の庭園ですが、方丈の建物内から見える範囲ではあまり紅葉は目立ちません。






06南庭03





07南庭04

茶室の「清漣亭(せいれんてい)」の周りにはちらほらと。
手前の背の低い木はドウダンツツジです。







08南庭05





09南庭06






10南庭07トンボ

ふっと何かが飛んで来たと思ったら、小さく可愛らしいトンボさんでした (^_^;)







11心字池01

等持院の紅葉は「清漣亭」を過ぎてからが本番!







12心字池02供養塔

足利十五代供養塔の辺りにはとりわけ色鮮やかな紅葉が。







13心字池06





14心字池03

等持院の紅葉のお楽しみといえば、この池の水面に映り込む風景でしょうか。






15心字池04





16心字池05

実物よりもクリア(?)に見える水鏡。





17心字池07

どこからが虚像でどこまでが実像か…、じっと眺めていると区別がつかなくなりそうです (^_^;)






18心字池08

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

金閣の写り込みとはまた違う、色彩豊かな迫力ある風景を静かな気持ちで心ゆくまで堪能させていただきました (^-^)






19心字池09





20心字池10





21心字池11





22門前04

それにしても、午後4時ともなるともうこの日の傾き加減。
本当に日が短くなったものです。
この等持院を始め、午後5時まで可能な寺院も数多くありますが、冬至まで1ヶ月前後という紅葉期には、なるべく4時頃までに拝観を終えられるようなペース配分が無難なようです。




【撮影日:平成22年11月21日】



《メモ》
  万年山 等持院 【地図】
   京都府京都市北区等持院北町63
   拝観料…一般500円、小中学生300円、抹茶400円
   拝観時間…8:00-17:00



スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用


<<天龍寺の紅葉 | BLOG TOP | 金閣寺の紅葉>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback