四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

久宝寺緑地の芍薬

00P1010839.jpg


  1. 大阪
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
大阪府営四大緑地の一つ、八尾市の久宝寺緑地(残り3所は服部・鶴見・大泉)。
こちらのシャクヤク園が見頃を迎えているとの情報を得て、葛城高原に行った帰りに立ち寄ってみました。



01P1010836.jpg

緑地は24時間立ち入り自由ですが、芍薬園は開花期間中の9時~19時までの開門となっています。




03P1010838.jpg

園内には45種およそ2000株の芍薬が植えられているとのこと。
中に入ってみると、想像していたよりもちょっと狭かったのですが(汗)、多くの花が咲き揃っていて中々華やか。




04P1010840.jpg

まだ開きかけのもの




05P1010841.jpg

満開のもの




06P1010853.jpg

こちらはまた種類の違うものか





07P1010854.jpg

クシュクシュとなった花弁の芯の部分





08P1010852.jpg

やはり花の形としては牡丹に近いでしょうか。





09P1010860.jpg

真っ白の芍薬も。





10P1010845.jpg





11P1010849.jpg

これは蓮みたい。





12P1010858.jpg

ちょっと変わった感じのこちらは、周りにも開き切った花がなかったので、これからどんな形になるのかちょっと気になります。





13P1010846.jpg

白・薄ピンク・濃ピンクの三段重ね。
光が強すぎて白の色飛びが目立ってしまうのが難点ですね。





14P1010859.jpg

これは牡丹と言っても通りそう (^_^;)

ちなみに牡丹=木、芍薬=草というのが簡単な区別の仕方だそうです。

支える部分が茎なので芍薬の方が花は小ぶりですが、ただ、牡丹の中にも花が小ぶりだったり、背丈の高いものもあるので、一目で見分けるのは難しいかもしれませんね。





15P1010861.jpg

公式Twitter によれば、現在は盛りも過ぎてしまったようですが、約2割に当たる遅咲き種が残っているので、まだいくらかは花を楽しむことができるようです。

開園期間は25日までとのことですので、この週末がラストチャンスになります。

【撮影日:平成26年5月18日】


《メモ》
  久宝寺緑地・シャクヤク園 【地図】
   大阪府八尾市西久宝寺323
   TEL:072-992-2489
   入園料… 無料
   開園時間… 9:00-19:00



スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<晩春の長谷寺 | BLOG TOP | 葛城高原のツツジ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。