四季彩綴り

晩春の長谷寺

00P1000710.jpg


  1. 桜井初瀬
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
もう今更…ですが、ゴールデンウィークのお出掛け記です (^_^;)

前半戦の白浜行きもまだ記事にしていませんが(Twitterで画像のみいくつかUP済み)、季節物優先で日帰りオンリーの後半戦分を先にお送りして参ります。

まずは5月3日に訪ねた奈良の長谷寺。
お目当てはもちろんあの花です。



01P1000675.jpg

仁王門をくぐると登廊沿いを彩る花々が。





02P1000689.jpg

こちらのツツジもとても色鮮やかですが、





03P1000684.jpg

この季節は何と言っても牡丹。
色とりどりの花が右に左に咲き乱れていました。





05P1000703.jpg





06P1000730.jpg




07P1000882.jpg





08P1000694.jpg

こちらは緑色の牡丹「豆緑(とうりょくorとうろく)」で、中国産の非常に珍しい品種だそう。
まだ咲き始めでしたので、もう少し開いた状態が見てみたかったですね。





09P1000704.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

長谷寺の牡丹といえば、やはりこの風景でしょうね。
斜面いっぱいに花が溢れている様は圧巻です!





11P1000717.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

上から見下ろす図も。
この方が登廊の傾斜具合が実感できるでしょうか。





12P1000726.jpg

石垣と牡丹の取り合わせも面白い。




13P1000744.jpg

さて、登廊の突き当たりには椛の新緑が眩しい石段。




14P1000735.jpg

そして、ここからは石楠花の領域となります。




15P1000736.jpg





16P1000738.jpg

お地蔵様のシルエットと青もみじ。




17P1000754.jpg

灯籠の隙間からシャクナゲを覗き見 (^_^;)





18P1000761.jpg

と、そんなこんなで本堂の舞台に到着。
眼下に広がる新緑がとても色鮮やか。




19P1000763.jpg

本坊エリアをズームアップ。





20P1000766.jpg

五重塔も新緑越しに。




21P1000778.jpg

その五重塔のお膝下まで行くと緑に混じって白のハナミズキも満開。




22P1000795.jpg

そして、谷間に下りて行くと石楠花の花園に。




23P1000799.jpg





24P1000772.jpg





25P1000773.jpg

主には薄紅色のものですが、中にはビビッドな濃ピンクや真っ白な花もちらほら。





26P1000819.jpg

開山堂の前にはピンクのハナミズキ。




27P1000827.jpg

さらに下って行くと緑の上に薄ら雪でも降り積んだような斜面が。




28P1000825.jpg

姫空木(ヒメウツギ)の群生でした。




29P1130756.jpg

そして、牡丹の背後でこれまたボリュームのある白い物体がアピール。




30P1000835.jpg

球状の花がたわわの大手鞠。




31P1000902.jpg

また、これは違う場所に咲いていたものですが小手鞠。
名前は似ていますが、小手鞠はバラ科、大手鞠はスイカズラ科と全く種類の異なる植物になります。




32P1000848.jpg

その他にも、真っ赤なキリシマツツジや





33P1000871.jpg

黄金色のヤマブキ




34P1000872.jpg

本坊の玄関口を飾る牡丹の向こうには




35P1000874.jpg

常紅のノムラモミジ。
磨き抜かれた床に映る床もみじも楽しむことができます。




36P1130767.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、本坊前から本堂方向を見ると、牡丹と大手鞠とハナミズキのコラボ。
新緑とノムラモミジの紅葉も加わり、大変贅沢な風景ですね。




37P1000879.jpg

ただ、こちらの牡丹はほとんどが盛りを過ぎていて、かなり草臥れた状態になっていたのだけは残念でした。




38P1000880.jpg

ということで、最後のカットは日よけの下でまだ元気そうだった牡丹の花を。
やはりこうして咲き誇る姿には百花の王の風格が感じられますね (^-^)

【撮影日:平成26年5月3日】


《メモ》
  豊山 神楽院 長谷寺 【地図】
   奈良県桜井市初瀬731-1
   TEL:0744-47-7001
   拝観料… 一般500円、小人250円
   拝観時間… 8:30-17:00(4~9月)、9:00-16:30(10~3月)



スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<春日大社・萬葉植物園 | BLOG TOP | 久宝寺緑地の芍薬>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback