四季彩綴り

青蓮院門跡

00P1010359.jpg

  1. 京都・東山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
三室戸寺から京阪電車、さらに六地蔵で地下鉄に乗り換えて蹴上へ。





01P1010244.jpg

折しもツツジの一般公開最終日を迎えていた蹴上浄水場に立ち寄ってみました。





02P1010254.jpg

が、満開とは行かず、まだほとんど花が咲いていない株も多く…。





03P1010256.jpg





04P1010262.jpg

濃ピンクの花はよく咲いていましたが、白や薄ピンクの開花がやや遅れていた模様。
全部咲き揃ったらそれは美しいでしょうにね。




と、少し前置きが長くなりましたが、この後、蹴上浄水場から粟田山を挟んで裏手にある青蓮院門跡も訪ねてみました。




05P1010387.jpg

青蓮院は紅葉の名所としても知られていますが、もうだいぶん前に一度ライトアップを見に来たことがあるぐらいで、昼間に訪れるのは今回が初めてでした。




06P1130807.jpg

まずは華頂殿へ進みお庭を拝見。
相阿弥(銀閣寺や長楽寺を作庭)の作と伝えられる築山泉水庭。

「龍心池」という池の向こうの築山に鮮やか過ぎる椛の新緑、そして、赤やピンクのツツジも見え隠れしています。が、ツツジは終わりかけなのか花が少ない?





07P1010335.jpg





08P1130803.jpg

庭を眺めつつ渡り廊下を移動。





09P1130805.jpg





10P1010310.jpg

小御所前にある「一文字手水鉢」は太閤豊臣秀吉の寄進とされるもの。




11P1010311.jpg

まるで手水鉢に活けているかのように起立して咲くピンクのツツジ。




12P1010328.jpg

鉢の底には多くの硬貨が沈んでいました。
よく見かける光景ですが、トレビの泉じゃあるまいし… (-_-;)




13P1010324.jpg





14P1130808.jpg

そして、さらに渡り廊下を進んで行くと宸殿へ。
皇室との縁が深い門跡寺院ですので、宸殿前には御所のように左近の桜と右近の橘も配されています。





15P1010332.jpg

橘には黄色い実もちらほら。
左近の桜の咲く頃にも一度訪ねてみたいですね。




16P1010322.jpg

小御所の庇から眺める龍心池。
橋の手前のこちら側が此岸、塔の建つ築山は彼岸を表しているのでしょうか。

ということで、お次は庭に下りて回遊して行きます。




17P1010337.jpg

先ほど通った渡り廊下。
左の濃いピンクのツツジの裏側に一文字手水鉢があるという位置関係。




18P1010338.jpg

池の向こうにちらほら赤い色が見えておりますが、これはキリシマツツジ。
が、大変残念なことに終焉間近であまり花がついていませんでした。




19P1010339.jpg

左が名残りのキリシマツツジ、右に白とピンクのツツジ、そして、中央に小さな滝が流れています。




20P1010320.jpg

これは同じ滝を斜めから見たものです。





21P1010341.jpg

庭園はさらに奥へと続いています。





22P1010342.jpg

一旦振り返って相阿弥の庭にお別れ。





23P1130811.jpg

そして、続いて現れたのは「霧島の庭」。
その名の通りキリシマツツジが美しいお庭ですが…




24P1010348.jpg

残念ながら、こちらもほとんど花が落ちてしまっていました。




25P1010349.jpg

三室戸寺のツツジ待ちの影響がここにも。
せめて雨が降る前の前々日に来ていれば…。




26P1130813.jpg

こちらもやはりキリシマツツジ。
ここ一面が真紅に染まった様子を想像すると、そのタイミングを逸した悔いがいっそう募ります (-_-;)



27P1010356.jpg

しかし、これほど見事な落花が見られると、これはこれで貴重な気も… (^_^;)




28P1130814.jpg

それに緑がまたたとえようもなく美しく、ヒラドツツジも見頃。
これで文句を言っていたら罰があたるか…。





29P1010365.jpg





30P1010367.jpg

築山の裏側を上って先ほどの滝の上流。




31P1130816.jpg


そして、さらに進むと竹林もあり、





32P1010375.jpg





33P1010374.jpg

根元にはすくすくと育ちつつある竹の子が (^-^)




34P1130817.jpg

庭を抜けると、やがて宸殿を回り込むようにして出口へ。




35P1010381.jpg

こちらは宸殿の大玄関。そして、この前に立つのが




36P1010384.jpg

親鸞聖人童形像。
ここのヒラドツツジも見事に満開でした。




37P1010386.jpg

それにしても、蹴上浄水場より日陰がちと思われるこちらでツツジが満開。
日当たりが良すぎても花にはつらく、適度というのが難しい時世になっているのかもしれませんね。

【撮影日:平成26年5月6日】


《メモ》
  青蓮院門跡 【地図】
   京都市東山区粟田口三条坊町
   TEL:075-561-2345
   拝観料… 一般500円、中高生400円、小学生200円
   拝観時間… 9:00-17:00(16:30受付終了)



スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<大田神社のカキツバタ | BLOG TOP | 三室戸寺のツツジ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback