四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

智積院の紫陽花

00P1020003.jpg

  1. 京都・東山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
このところ、周回遅れの題材ばかりアップしていますので、本日は直近のものを (^_^;)
 
先週末の早朝に立ち寄った東山七条の智積院さんです。


01P1020018.jpg





02P1010958.jpg

お目当ては金堂横の紫陽花。





03P1010964.jpg

まだ花も小ぶりで色づきも薄めでちょっと早かったかな。





04P1010963.jpg





05P1010965.jpg





06P1010973.jpg

それでも花によってはちょうど見頃のものもそこそこ。




07P1010960.jpg





08P1010976.jpg





09P1010968.jpg

今年の紫陽花始めとしてはこんなものかなと思いつつ、お次は明王殿の方へ。





10P1010979.jpg





11P1010980.jpg

池の蓮はまだ蕾が1本上がっているだけでしたが、





12P1020011.jpg

その横に沙羅の木も1本ありまして、




13P1020010.jpg

咲いている花も




14P1020015.jpg

池に浮かぶ落花も見ることができました。
ただ、花数はあまり多くはありませんでしたけどね。


で、ここから金堂の裏手の方へ回ってみますと




15P1010983.jpg





16P1010987.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

何と!物凄い数の紫陽花が!




17P1010988.jpg





18P1010991.jpg

いつも金堂の北側しか見ていなかったので、こんな素敵な場所があったとは驚きでした。

ただ、惜しむらくはお天気が良すぎてせっかくの花の色が飛んでしまったこと。
できればもう一度訪ねたいと思っていますが、その時は曇天(雨上がりならなおよし!)でお願いしたいものですね。




19P1020001.jpg

さらに奥の墓地方向へ上がって行くと、日陰で生き生きと咲く涼しげな花たちが。





20P1010999.jpg

ピンク~紫~ブルーのグラデーションがとても美しかったです。
紫陽花にはこれくらいの優しい光の当たり方が合いますね。



ところで、智積院さんというともう一つ気になるお花が。



21P1020019.jpg

参道の桔梗ですが、どうも全体的にあまり蕾の付き方がよろしくないような…。
見頃は7月に入ってからだと思いますので、今はまだ少なくて当然なのかもしれませんが、ただ蕾がどうこう言う以前に株そのものが少なすぎる気がしました。




22P1020020.jpg

そんな中、フライング気味に咲いていた一輪。
ただ、これとても茎が倒れてしまっていて、何となく先行きの不安を感じさせました (-_-;)


【撮影日:平成26年6月14日】


《メモ》
  智積院 【地図】
   京都市東山区東大路通り七条下る東瓦町964番地
   TEL:075-541-5361




スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<花咲き乱れる法金剛院 | BLOG TOP | 杜若咲く平安神宮神苑>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback