四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

観音寺の紫陽花

00P1140658.jpg


  1. 京都・府内
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
紫陽花めぐり第3弾は福知山市にある観音寺。
関西で最も古い紫陽花寺といわれる古刹で、2012年 以来、3度目の訪問になります。



01P1020476.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

まずは入口の仁王門前から。
今年の紫陽花はどこの名所でも言えることですが、全体的に花が小ぶりで数もやや少な目な印象。




02P1140726.jpg

それでも、そこそこまとまって咲いている部分を切りだしてみると、やっぱり雰囲気は出ますよね。




03P1140719.jpg

前夜からの雨が降りやまぬ間の早朝。
なおも小雨混じりの中でしたが、梅雨時の花の紫陽花はむしろその方がお似合い。





04P1020544.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

雨に洗われ潤いを得た花はとても艶やかに見えました。




05P1140722.jpg





06P1020546.jpg

門の向こう側にも長く伸びるあじさいロード。




08P1020482.jpg

石灯籠を縁取るように咲く紫陽花。
ここはまだ色づきが薄いようでしたが、パステルカラーのグラデーションというのも目に優しく麗しい。




09P1140663.jpg

さて、まずはこちらの塔頭へ。





10P1020484.jpg

門前に建つ穏やかなお顔のお地蔵さんとピンクの紫陽花を一緒に。





11P1020486.jpg

斜面を覆い尽くす紫陽花。




13P1020510.jpg





12P1140666.jpg

こんなふうに真正面から眺めるのもいいですが、




14P1140670.jpg

ここへ来たらやはりガラス戸に映る姿を眺めたいもの。
雨天のため、光が弱くて映り込みもやや薄めでしたが、それでもこの方が実像よりも透明感が増しているような気がしました。




15P1140672.jpg

続いて紫陽花の山へ分け入ってみることに。




16P1140673.jpg

迫り来る紫陽花の狭間を上って行くのは少々難儀でしたが、迷わず上がって行きます。





17P1020512.jpg





18P1020517.jpg




19P1020518.jpg

まだ時期が早かったのか、見頃まであともう少しという感じの色付きのものが多かったですね。




20P1020513.jpg

観音寺さんのマスコット(?)の小国鶏。
遣唐使が持ち帰ったという土佐鶏の原種だそうで、いつもは庭に放たれているのですが、この日は雨だったせいか山の上の小屋の中。まるで「はよう出してくれ!」といわんばかりのけたたましい鳴き声が絶えず境内に響き渡っていました。




21P1020492.jpg

七観音めぐりの参道沿いの紫陽花は今年は控えめ。
2年前の華やかさと比べると少し淋しい印象でした。




22P1020494.jpg

奥の池ではブルーの紫陽花はまずまず咲いていて、水面への映り込み綺麗でした。




23P1020497.jpg






24P1140680.jpg

ただ、この右側の紫陽花がまだあまり色づいていなかったので、もう少し後だともっと華やかになっていたかも。





25P1140690.jpg

ということで、ようやく本堂前にやって来ました。




26P1140691.jpg

鐘楼前の柏葉アジサイは雨に打たれたせいもあって、大ぶりの花の重みに耐えかねてすっかり下を向いてしまっていました。




27P1140692.jpg





28P1140699.jpg

本堂裏の紫陽花も少なくて淋しい。




29P1140701.jpg

ここでも花が皆、頭を垂れてしまっています。




30P1020522.jpg

また、紫陽花の上にちらほら咲き始めの沙羅の花も。




31P1020523.jpg





32P1140706.jpg

続いてお地蔵さんたちの憩うこちらのエリアへ。




33P1020502.jpg

花は少ないかもしれませんが、綺麗に色づいていますね。




34P1020505.jpg

それにしても、2年前と比べるとお地蔵さんたちが随分黒くなったような気が…(^_^;)




35P1020503.jpg





36P1020506.jpg

でも、このほんわかした雰囲気にとても癒されます。





37P1140703.jpg





38P1020528.jpg

ということで、そろそろフィナーレへ。





39P1140716.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

これまた斜面全体を覆う紫陽花の群生。
駐車場手前にあるので実は一番最初に目にしていた所なのですが、最後の〆にしようと、先にお参りを済ませて本堂裏からこちらへ回って来ました。




40P1140712.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

こちらは反対方向から。
丸い西洋アジサイとひらひらのガクアジサイが混じって咲いていますが、適度に区分けされているので、遠目には質感の違うパーツを組み合わせたパッチクワーク模様のように見えたりも。




41P1020540.jpg

単体で見ると地味なガクアジサイですが、虹色のようなグラデーションもあいまって、この群生の中で良い仕事をしています。



42P1020535.jpg





43P1020541.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、最後に駐車場から見える大石垣の下の紫陽花。
色付きの美しさで言うと、ここが一番鮮やかで素晴らしかったかもしれませんね (^-^)

【撮影日:平成26年6月22日】


《メモ》
  丹波あじさい寺・観音寺 【地図】
   京都府福知山市観音寺1067
   TEL:0773-27-1618
   拝観料… 一般350円、中高生200円
   拝観時間… 9:00-17:00




スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<皐月晴れの東福寺 | BLOG TOP | 善峯寺の紫陽花>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback