四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

初夏の宝泉院

00P1020567.jpg


  1. 大原
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
梅雨時恒例の大原・宝泉院参りです♪



01P1020955.jpg

新緑を過ぎ、青さを増しつつあるもみじの参道。




02P1020642.jpg





03P1020956.jpg





04P1020563.jpg

門をくぐると一番奥にドーンと鎮座する五葉の松。
そして、その手前も全て緑一色のお庭。
雨上がりということもあり、緑がとても綺麗でした (^-^)


さて、まずは書院へ。




05P1020958.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

何度訪れてもうっとり見惚れてしまう額縁庭園「盤桓園」。
特にこの竹林のある西面がお気に入り♪




06P1020570.jpg

これを眺めつつお抹茶とお菓子がいただけるのは至福の喜びです(^-^)




07P1020960.jpg





08P1020964.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

続いて南面の額縁も。
樹齢700年を超えるという五葉の松の幹の力強さ。




09P1020964.jpg





10P1020971.jpg

そして、近づいてよく見ると五葉の松の傍らに、ちらほら桔梗の花の姿も…。




11P1020972.jpg

まだほんの咲き始めで花は数えるほどでしたが、こんな所に桔梗があったとは!
何度訪れてみても、その度に新しい発見があるものです (^_^;)




12P1020585.jpg

それはさておき、この時期の訪問の真の目的は実はこちら。
鶴亀庭園に咲く沙羅の花。




13P1020586.jpg

6月28日に訪れた時にはまだ咲き始めだったようで咲いている花もちらほら。




14P1020587.jpg

蕾はたくさんついていましたので、単純に早かったということで…(^_^;)





15P1020591.jpg





16P1020599.jpg

どうしてもこれで見納めにするのは惜しい気がして、一週間後に再度訪ねてしまいました (^^ゞ



以下は7/2のものです。


17P1020980.jpg





18P1020981.jpg

盛りは過ぎているようでしたが、一週前より花数は倍増!




19P1030013.jpg

そして、地上の花はそれ以上の満開!





20P1020989.jpg

残念ながら池の水面には落ちていませんでしたが、苔の上に沢山の落花が散りばめられていました。





21P1030008.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

緑の苔の上に咲く純白の沙羅の花の気高いばかりの美しさ…。
やっぱりもう一度来て良かった!(*^-^*)




22P1030009.jpg





23P1030006.jpg

ちょうど雨が降り出して来たので、雨宿りがてらしばらく眺めていましたが、そろそろお暇を…。





24P1020985.jpg

そうそう、同じ鶴亀庭園の一角にある手水鉢は、まるで花壇のように色鮮やかな紫陽花の花で埋め尽くされていました。大原では紫陽花も沙羅も市街地より少し遅れて見頃になるので、シーズン最後の締めに訪れるといいですよ (^-^)





25P1030018.jpg

書院の玄関そばにある不動明王(?)の石仏の傍らにも可愛いガクアジサイが。





26P1030023.jpg

あとこの時期の花としては桔梗もありますが、こちらは二度とも見頃の時期には合わず…。




27P1030024.jpg

7/2は法然上人腰掛石の傍らでちらほらと。




28P1020630.jpg

その前の週の6/28には五葉の松のすぐ前の板塀のところでちらほら。





29P1020631.jpg

それでもちょうどこちらを向いて咲いてくれていて良かったです。





30P1030022.jpg

また、もう一つのお庭の宝楽園の様子も少々。





31P1020613.jpg

こちらにも沙羅の木が植わっていて、落花も少し見られました。




32P1020617.jpg





33P1020620.jpg

ただ、残念ながらこちらでは咲き始めと咲き終わりと二週ともタイミングが合いませんでしたが、自然の成り行きですから致し方ありませんね。




34P1020638.jpg

そして、最後に帰り際に思わず目に入って来た蜘蛛の巣(ちなみ6/28訪問時)。




35P1020639.jpg

恐らく普通だったら目にも留めなかったでしょうが、たまたま雨上がりだったので水滴をまとって目に見える形で現れたという…。テグスのような細い細い糸に水滴がびっしりとついていて、さながらビーズ細工のようにキラキラ輝く様がとても神秘的でした。

【撮影日:平成26年6月28日・7月12日】


《メモ》
  宝泉院 【地図】
   京都市左京区大原勝林院町187
   拝観料… 一般800円、高・中学生700円、小学生600円(抹茶・菓子付き)
   拝観時間…9:00-17:00

   ※STACIAカード提示で800円→720円の優待あり




スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<三千院の紫陽花 | BLOG TOP | 貴船神社奥宮・結社>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback