四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

亀岡ききょうの里

00P1140892.jpg


  1. 京都・洛西
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
桔梗めぐりの〆は亀岡のききょうの里。
昨年 に続いて二度目の訪問になります。


01P1140904.jpg

まずはこちらの門から入場。





02P1140842.jpg

到着したのがお昼少し前で、お日様が燦々と輝く非常に暑い時間帯でした。





03P1140847.jpg





04P1140848.jpg

日差しがきつくて陰影の差が激しいのが難点。





05P1140855.jpg





06P1140901.jpg





07P1140850.jpg

概ね青紫の花が主体ですが、中にはポツポツ白の桔梗が混じっているところも。





08P1140853.jpg

園内にはピンクの木槿も咲いていました。





09P1140856.jpg

ずんずん進んで行くと緑の美しい田圃が目の前に。
わりあいくっきりと見える山の稜線に青空も広がり、これぞ日本の夏!な風景ですね。




10P1140858.jpg

爽やかブルーの紫陽花。





11P1140860.jpg

そして、明智光秀ゆかりの谷性寺へ。





12P1140898.jpg

ここには八重咲きの桔梗も咲いていました。
が、強い日差しの下でややお疲れ気味か…。




13P1140862.jpg

谷性寺境内には明智光秀の首を葬ったという首塚もあります。

なお、この辺りの事情は 昨年の記事 で少し触れておりますので、お手数ですがそちらをご参照のほどを。





15P1140869.jpg

首塚の近くに咲いていたギボウシ(擬宝珠)。





16P1140870.jpg





17P1140871.jpg

さて、谷性寺の裏へさらに歩いて行くと紫陽花の向こうに白や黄の彩りが…。




18P1140872.jpg

白の半夏生。





19P1140876.jpg

オレンジのルドベキア。




20P1140873.jpg





21P1140875.jpg

カラフルなユリの花や




22P1140884.jpg

グラジオラス?
あと向日葵も咲き始めていたようですが、今回は見逃してしまいました (^_^;)





23P1030222.jpg

草むらにひっそりと咲くピンクの撫子。





24P1140888.jpg

しかし、まあここでも主役はやはり桔梗の花ですね。





25P1140893.jpg

縦に横にと伸びやかに咲き誇る姿はちょっとした迫力。
庭園で端正に咲いているものももちろん素敵ですが、こういう大らかな佇まいもまた魅力的です。





27P1140891.jpg

こちらは白の花も多く咲いていました。




28P1140882.jpg

珍しいピンクの桔梗も。
一見すると白と変わりないようですが、




29P1140883.jpg

並べて見るとやはり微妙に色合いが違うものですね。





30P1140879.jpg

あと、昨年なぜか見逃していたものが!





31P1030220.jpg





32P1030221.jpg

馬上の明智光秀像。
元々はおよそ20年前から京都縦貫道・篠本線料金所の脇に設置されていたものが、所有者の事務所の移転に伴い昨シーズン前にこちらへ移設されたそうです。よって、前回訪れた時には既にあったはずなのですが、全く記憶にない…(^_^;)

【撮影日:平成26年7月12日】


《メモ》
  亀岡ききょうの里 【地図】
   亀岡市宮前町猪倉休場20
   TEL:0771-22-6961(JR亀岡駅観光案内所)
   入園料… 一般500円、小学生以下無料
   開園時間… 9:00-17:00

   ※2014年は7/27をもって閉園しております。



スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<京の蓮花めぐり(1) | BLOG TOP | 智積院の桔梗>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback