四季彩綴り

  • 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08

岩湧寺の秋海棠

00P1040159.jpg

  1. 大阪
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
夏の終わり、秋の始まりを告げる花もいろいろありますが、その一つがこちらの花。


03P1040164.jpg

秋海棠(シュウカイドウ)。
ベゴニアの一種で、一つの株に雄花と雌花がつく雌雄異花。

上向きに咲くいかにも花らしいものが雄花で、真ん中に球状の黄色の雄蕊が。
対する雌花は花弁がなく、二枚の咢(三角っぽい形のもの)が下向きに垂れ下がっています。

秋海棠と言えば、京都の大原などが名所として知られていますが、今回はもうかれこれ2~3年前から気になっていた大阪の河内長野市にある岩湧寺を訪ねてみました。

車のすれ違いも難しい細い山道を上って岩湧寺の参拝者用駐車場に駐車。



01P1150537.jpg

車を降りるとすぐに愛らしいピンクの花たちが出迎えてくれました。




02P1150408.jpg




03P1150469.jpg





04P1150524.jpg

と、その前にまずはお寺にお参りを。
標高897.7mの岩湧山の中腹にある岩湧寺は、大宝年間(701~704)に文武天皇の勅願により役小角が開いたとされる古刹で、山伏たちの修験道場として栄えたと言います。





05P1150413.jpg

江戸初期の建立と見られる本堂。





06P1150526.jpg

室町時代末期の天文年間(1532~1555)頃に建立されたというこちらの多宝塔は国の重要文化財に指定されています。





07P1150421.jpg

多宝塔に青もみじの彩りを添えて…。
紅葉の頃も良さげですね。





08P1150417.jpg

足元には紫の藪蘭。





09P1150416.jpg

まだ青味の残る紫陽花も見られました。


ということで、ここからは本題の秋海棠を。
最初に一番上にあるお寺の駐車場まで来てしまいましたので、群生を見るためには少し下って行くことになります。


10P1040129.jpg

この日のお天気は朝の内は曇りベースだったのですが、時折明るい日の光が差し込むことも。





11P1040125.jpg





12P1040138.jpg





13P1150427.jpg

とはいえ、樹齢400年以上ともいわれる老杉が林立する参道は全体的に薄暗く、適度に湿った半日陰を好む秋海棠の生育場所としては打ってつけなのでしょうね。





14P1150430.jpg

本堂に向かって伸びる石段の両脇もピンクの花がびっしり。
足の踏み場にも困るほどでした (^_^;)





15P1150488.jpg





16P1150431.jpg

多宝塔と秋海棠。
さらにもう少し下って行きます。




17P1150439.jpg





18P1150446.jpg





19P1150453.jpg

斜面を覆い尽くす秋海棠の群生。圧巻の風景ですね。





20P1150466.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

元は秋の彼岸の供え花としてご住職が手ずから植えられたものが、今やこれほどの大群生に成長したというのですから、まさに小さな一歩が偉大な飛躍を遂げたものですね。





21P1040157.jpg





22P1150470.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

さて、そろそろ折り返して戻ることに。
下り方向にはちょこちょこカメラマンさんがおられて中々引きで撮れなかったのですが、上り方向はわりあい人通りが途切れてこんな風に撮ることも。





23P1040174.jpg

前夜に雨が降ったこともあり、足元には散った花びらも多く見られました。





24P1150504.jpg

こちらは足元ではなく、木の切り株の上に散り敷いていたもの。





25P1150506.jpg

花ごとそのまま断ち落ちているものも多く、これまた花が咲いているようで可愛らしい。





26P1150507.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

さて、またえっちらおっちらと上って行きます。
石段上りもこんな美しい花を眺めながらなら楽勝!?





27P1040181.jpg

そうそう、とある一角では白の秋海棠も見られました。





28P1040183.jpg

ピンクのものと並べると色の違いが歴然!





29P1040175.jpg

ピンクの愛らしさとはまた少し違う、清楚で気品を感じさせる花ですね。





30P1150496.jpg

岩湧寺は大阪府のほとんど南東端に位置し、決してアクセスの良い場所ではありませんが、それでも十分一見の価値ある大群落。まだしばらくは見頃が続きそうですから、次の連休のお出掛け先にいかがでしょうか (^-^)

【撮影日:平成26年9月6日】


《メモ》
  岩湧寺 【地図】
   大阪府河内長野市加賀田3824

  いわわきの森 四季彩館
   大阪府河内長野市加賀田3822-1
   TEL:0721-63-5986(いわわきの森 四季彩館)
   開館時間… 10:00-16:30



スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<夏の上高地散策 | BLOG TOP | 平城京天平祭>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback