四季彩綴り

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

夏の上高地散策

00P1030874.jpg


  1. 上信越
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
もう1ヶ月以上経ってしまいましたが、遅ればせながらお盆休みの旅レポを(^_^;)

夏はやっぱり山へ避暑に!ということで、今年もまた上高地を訪ねることにしましたが、事前の天気予報は頗る悪く非常に憂鬱な想いを抱いてのスタートでした。



01P1030717.jpg

長野道のパーキングエリアで車中泊をして迎えた朝。
おや、雲が晴れて来た?





02P1030720.jpg

ほんのりピンク色に朝焼け。
朝焼けは雨の兆しと言うけれど…





03P1030723.jpg

やがてそれは美しい青空が現れました。
これはひょっとするかも!?と期待を寄せた瞬間 (^_^;)
雲の出方が夏というより秋の気配が漂っていましたが。





04P1030726.jpg





05P1030732.jpg

しかし、向かう行く手にはこの凄い雲の塊。
やはりそうそうこちらの思惑通りには行かなさそうです。





06P1030734.jpg

短いですが虹も見られました(ガラス越しのため映り込み失礼)。





07P1030743.jpg

ということで、上高地・大正池。
やっぱり天候悪し。穂高連峰は雲の中。






08P1030742.jpg

おまけにバスからの眺めは薄ら霧が立ち込め幻想的な風景に見えたのですが、いざ現場に到着してみるとさっぱり消えてしまっていました。





09P1030750.jpg

それでも、池の隅の方にはいくらかその雰囲気は残っていたので、ひとまずパチリ。

先行きに不安を抱きつつ先へ進みます。





10P1150206.jpg

木立の中から大正池を。





11P1030757.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ここの倒木の流れはいつも見入ってしまいますね。





12P1030771.jpg

おやおや、焼岳の山肌に真一文字のラインが!





13P1150213.jpg

雲の隙間から日が差し込んでいたのですね。





14P1150212.jpg

ふと空を見上げるとちょこちょこ青空が垣間見え、このまま晴れてくれるのでは?と、またしなくてもいい期待を持ってしまいます (^_^;)





15P1150242.jpg

田代湿原。まだ穂高は見えず…。
手前の赤紫の花はノアザミ。草紅葉が始まっているのか、ほんのり黄色がかっているような…。





16P1030797.jpg

雨上がりらしく、草についた雨露がキラキラして綺麗。





17P1150241.jpg

木道の脇を彩る高山植物たち。





18P1150229.jpg

早くも赤く紅葉しているものも。





19P1150232.jpg

田代池。





20P1030826.jpg

そして、さらに梓川沿いの道を行くと、ふいにまた霧が漂って来ました。





21P1030824.jpg





22P1150244.jpg

もう焼岳もすっかり雲の中に。
やはりお天気は悪化に向かう一方か…。






23P1030821.jpg





24P1030835.jpg

湿地の中に白く点在するものが…。





25P1030836.jpg





26P1030838.jpg

思いっきりピンボケしていますが梅花藻です。





27P1030842.jpg

白く小さな花は森の妖精のような愛らしさ。





28P1030848.jpg

田代橋の上から下流方向を。
川底の石がはっきり見えるほどの透明度。雨降りの日が続いている中でも綺麗なものですね。





29P1150245.jpg

上流方向は…、やっぱり雲が垂れ込めています (-_-;)






30P1150247.jpg

ところが、それからほどなくパッと日が差して来て、また雲の間から青空が顔をのぞかせるではありませんか!





31P1030855.jpg

対岸の山から立ち上る霧というか雲。





32P1030868.jpg

これまた幻想的な…。





33P1030873.jpg

振り返って先ほど渡った田代橋。
全体的に明るくなったようで、今度こそ!と思うも、やっぱりこれが限界だったようで… (-_-;)





34P1030894.jpg





35P1030897.jpg

釣鐘状の花が可愛らしいクサボタン(草牡丹)。





36P1030901.jpg

ノコンギク(野紺菊)?





37P1030903.jpg

そして、藤袴の仲間のヨツバヒヨドリ(四葉鵯)。





38P1030904.jpg

残念ながらアサギマダラの姿は見られませんでしたが…。





39P1030908.jpg

河童橋近くまで来る頃には結構な降りの雨になっていました。





40P1150253.jpg

雨宿りがてら河童橋近くのカフェで一休み。
今回は時間が早すぎて帝国ホテルでのお茶もできず残念でした。





41P1030916.jpg

結局、その後も雨は上がるどころかますます強くなるばかりで、穂高連峰はついに姿を現すことはありませんでした。

ビギナーズ・ラックというやつでしょうか、初訪問時 に素晴らしい好天に恵まれて以後は、どうも相性の悪い上高地。実は9月15日に再度のチャレンジを考えていたのですが、またもや天候に恵まれず見合わせることに…。

どうぞ次こそは快晴の下で…と願うばかりです (-m-)”

【撮影日:平成26年8月15日】




スポンサーサイト

テーマ:トレッキング - ジャンル:趣味・実用


<<初秋の富士山めぐり | BLOG TOP | 岩湧寺の秋海棠>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback