四季彩綴り

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

常林寺の萩

00P1150802.jpg

  1. 京都・東山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
梨木神社を後にして次に向かったのは出町柳駅そばにある常林寺。
こちらも萩の花で知られる寺院です。



01P1040567.jpg

と、その前に鴨川にかかる賀茂大橋からの下流方向の眺め。
真ん中やや左寄りに見える小高い山は東山ですが、その頂上に何やら気になるものが…。




02P1040569.jpg




03P1040568.jpg

逆光ということもあり写りははっきりしませんが(汗)、こちらは青蓮院門跡の飛地境内・将軍塚に新造された青龍殿。10/8オープン予定で、落慶を記念して12/23まで国宝「青不動明王」の御開帳が行われるそうですよ。





04P1150804.jpg

ということで、本題の常林寺さんへ。
門前写真は逆光のためちょい斜めから…(^_^;)





05P1150821.jpg

朝一訪問の難点は正面向きが逆光になってしまうところ。





06P1150822.jpg

せっかくの花の色も飛んでしまいます。





07P1150807.jpg

日陰を求めて奥の方へ。





08P1150808.jpg

こちらでは白の萩の方が優勢で目に付くのは白ばかり。





09P1150811.jpg

既に散り始めているものもあり、まさに「こぼれる…」という表現がぴったりの風情でした。





10P1040583.jpg





11P1150813.jpg

こうして見るとやっぱりピンクの方は出遅れている?





13P1150816.jpg

白萩の中に紅一点の彼岸花。





12P1150818.jpg

たった一輪でもまるで引けを取らない存在感ですね。





14P1150826.jpg

場所によっては順光になる所もあるのですが、如何せん、お天気が良すぎて明暗差がつき過ぎてしまうという難点も。





15P1150805.jpg

バックの青空は爽快なのですが、白い花にはもう少し和らかな光が望ましく…(^_^;)





16P1040576.jpg





17P1150926.jpg

ということで、午後からもう一度再訪してみました (^_^;)
朝にはなかった幕も張られており、





18P1150929.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

とりあえず正面からの眺めはまずまず。
しかし、午後2時を回ってからになってしまいましたので、また微妙に影が差して来ている部分も。




19P1150919.jpg





20P1150931.jpg

ススキもまだ穂が出ておらず赤茶けていましたので、アクセントにはちと弱いか…。





21P1040773.jpg





22P1040774.jpg

やはりピンクの萩の花付きがイマイチだったのが、左右のバランスを崩してしまっていたでしょうか。





24P1150925.jpg





25P1150825.jpg

しかし、まあ、実物はこの画像の何倍も美しかったのですよ (^_^;)
コンパクトな境内に密集して咲いている分、萩の花に包みこまれるような感覚を味わえるのがこちらの特徴ですね。



ということで、最後におまけを。



27P1040586.jpg

朝一で常林寺を訪ねた後、大原へ向かったのですが、そのバス待ちの間に河合橋より上流側を眺めていると鷺がいる!と慌ててズームしてみると、





28P1040587.jpg

始めは一羽と思っていたのが、その後ろにもう一羽、真っ白な鷺さんがいました。





29P1040589.jpg

寄り添うにずっと並んで佇んでいたこの二羽は番いだったのかしら?

【撮影日:平成26年9月21日】




スポンサーサイト

テーマ:花めぐり - ジャンル:旅行


<<大阪の夕景・二選 | BLOG TOP | 梨木神社の萩>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback