四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

蓮華寺の紅葉

00書院05


  1. 八瀬
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
真如堂からバスと叡山電車を乗り継いで三宅八幡駅より徒歩で蓮華寺へ。
いつもならお寺のすぐそばに停留所のある京都バスを利用するのですが、今回はいちおう安全策を採って電車を選択。蓮華寺は大原へ向かう道筋にあるものですから、渋滞を懸念してのことでした。






01比叡山

案の定、午前9時過ぎの段階で既に北行き車線はほとんど数珠繋ぎ状態。
蓮華寺の辺りはまだ渋滞の始まりでしたので、さほど影響はなかったかもしれませんが、もう少し遅い時間帯だと危険だったでしょうね。






02門前01

ということで、門前の紅葉から。
昨年に比べ 少し早い訪問でしたが、ここの色づきほぼ同じぐらいのようです。







03参道02

中に入ると強烈な光が差し込み、眩いばかりの風景が!






04参道04





05参道06散り銀杏

散り銀杏と散り紅葉
降り立てのまだ色も形もしっかりした葉でとても綺麗でした。








06参道01

さあ、いよいよ建物の中へ!








07書院06

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

何度見ても美しい額縁です! (^-^)






08書院02





09書院04

時期的にはまだ少し早かったようで、色づきの程度は昨年の方が濃かったですが、朝の光を受けて輝く紅葉はやはり美しいです。








10書院07

続いて本堂へ。







11本堂01

池周りだけでなく、本堂裏の紅葉も見所です。







12本堂06灯篭

六角形の急勾配の笠が特徴の「蓮華寺型燈籠」。







13本堂02

紅葉ごしに見る本堂も情緒があります。







14本堂05

そして、天を仰げば青空に真紅の紅葉が…






15本堂03散り紅葉

地を見下ろせば一面に降り積もる散り絨毯。
いずれを見回しても紅葉尽くしの空間はまさに贅沢の極みですね。







16本堂07





17本堂08

何かと騒々しい紅葉の時にも、常と変わることなく心静かに瞑想にふけっておられる仏様。







18書院01S

(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

再び書院より。
朝早い時間帯での訪問は今回が初めてでしたが、まだ幾分落ち着きのある中でこの風景を眺めることができてよかったです。帰る頃には書院の中の人口密度もかなり上がっていましたし、あのような額縁鑑賞はもう難しい状態になっていましたから。






19書院08





20参道03





21参道05


それにしても、かつては穴場と言われていた場所も、もはや穴場ではなくなってしまっていて、今後はめぐる順番にますます悩まされることになりそうです (-_-;)




【撮影日:平成22年11月27日】



《メモ》
  蓮華寺 【地図】
   京都市左京区上高野八幡町1
   拝観料… 高校生以上400円、抹茶・菓子400円
   拝観時間…9:00-17:00



スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用


<<京都御苑の紅葉 | BLOG TOP | 真如堂の紅葉>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback