四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

高野山の紅葉・ふたたび…

00P1160735.jpg

  1. 和歌山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
前回 のアップから少し空きましたが、高野山の紅葉・リベンジ編(?)の11月3日訪問分です。

10月25日にもそれなりに満足の行く紅葉狩りができたのですが、いくつか心残りのことがあったのと、他にここぞ!という候補もなかったので、わずか一週間での高野山再訪となりました。


01P1160671.jpg

塔頭・西南院さんの門前を華麗に彩る二本。
車で山内に入った場合、最初に目にするインパクト絶大の紅葉です。





03P1160673.jpg

湯屋谷弁天社の鳥居にかかるイチョウの黄葉と、奥にもみじの紅葉。そして、手前のススキまでは晩秋らしい風景ですが、左下隅にあるのはドライフラワー状になっている紫陽花。高野山の紫陽花は剪定しないまま放置されているものをあちこちで見かけます。





04P1060797.jpg

前週には見事な黄葉を見せてくれていた壇場伽藍外周のイチョウは随分淋しくなっていて、





05P1060794.jpg

その代わりに、根元に降り積もった散りイチョウが見事でした。





06P1060803.jpg

イチョウの黄葉と真紅に色づいたもみじの紅葉の対比。
どちらも葉が少なく淋しい感じですが、それでも発色は素晴らしい!





07P1160677.jpg

霊宝館でも、前週よく色づいていた葉は散り始めており、しかし、まだ青葉だった木が色づいて、全体の雰囲気はさらにグレードアップしたようでした。





08P1060783.jpg

一瞬ですが日が差し込み、光り輝く紅葉が目にも眩しい!





09P1160692.jpg

この日は前週とは打って変わってお天気が今一つ優れず、あまり日差しがなかったのですが、これはこれで白飛びせず、深い色合いの紅葉を愛でられるという利点も。





10P1060823.jpg

御休処の屋根に降り積もった散り紅葉。
前日は一日雨でしたので、多くの木が葉を散らしたようです。





11P1060791.jpg

この日は霊宝館の内側よりも道路沿いの方が色鮮やかな紅葉&黄葉が多く見られたかも。





12P1060801.jpg

霊宝館の向かいの勧学院の塀越しに見える紅葉も鮮やか。





13P1060911.jpg

そして、蛇腹道に回って壇場伽藍へ。
この参道もだいぶん色づいて来ていましたが、





14P1060918.jpg

それでも、まだ青葉も結構見受けられました。





15P1060920.jpg

東塔そばの紅葉も赤・橙・青が入り混じった状態。





16P1160787.jpg





17P1060928.jpg

こちらの石塔の背後の木も、まだ少し青葉が残っているものの、良い感じに色づいていました。





18P1060931.jpg

陰影のせいか、より赤が濃く見える部分も。





19P1060933.jpg

ズームアップしてみると、一面真っ赤というわけでなく、黄色の葉も混じっていますね。





20P1060935.jpg

同じ紅葉を裏側から眺めると、東塔とのコラボも楽しめます。
が、残念ながら日が陰ってしまった…(>_<)





21P1060954.jpg

鐘楼そばの紅葉は少し色づきを増したかな?





22P1060960.jpg





23P1060949.jpg

御社前の黄葉も少し進み、西塔との取り合わせも雰囲気が出て来ました。





24P1060944.jpg

六角経蔵の所でも色付きは増していましたが、こちらの木は年々衰えが目立つようになって来た気が…。





25P1060909.jpg

蛇腹道の外の三宝荒神社の辺りも、様々な紅葉&黄葉が織り重なって錦のようでした。

とはいえ、奥の紅葉は少し白っぽい枝が目立って来ているようで、金剛峯寺内の紅葉は盛りを過ぎてしまってそうな予感も…。





26P1060966.jpg

その金剛峯寺の門前の紅葉は最高潮を迎えていました。
おかげでもうこの下は人の往来が激しく…(~_~;)





27P1160769.jpg

この日は十分時間に余裕がありましたので「蟠龍庭」も拝見!
入口付近は紅葉も黄葉も鮮やかでしたが、





28P1060983.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

庭の奥の紅葉は予想通りかなり淋しい状態になっていました。
やっぱり前週に入っておくべきでしたかね (-_-;)





29P1060986.jpg

でも、たぶんこの木は前週にはまだあまり色づいてなかったと思うので、これが見られて良かったとも。





30P1060993.jpg

金剛峯寺内にある真然大徳廟でも、鮮やか過ぎる紅葉と黄葉を見ることができました。




ということで、ラストはやはり奥の院。


31P1060829.jpg

前週、綺麗に色づいていたイチョウが散って淋しくなっているかも…と危惧しましたが、意外にそうでもない???





32P1160713.jpg

紅葉はさらに色付きを増し艶やかに。





33P1060841.jpg





34P1160717.jpg

地面に降り積もる落葉も含めて、今が最高潮では?と思うほどの絶景。





35P1160725.jpg

英霊殿前の橋のそばまで来ると、前週盛りだった紅葉はすっかり葉を落としてしまっていましたが、





36P1160720.jpg

代わりに他の木の紅葉&黄葉が進み、




37P1160731.jpg

こちらの風景もまたさらに味わい深いものに。
あまり日が差さなかったのも、暮秋らしい雰囲気を演出するのに一役買っていたかもしれませんね。





39P1060860.jpg

英霊殿の奥にある紅葉とイチョウ。
赤と黄色の競演は互いを引き立て合いますね。





40P1060882.jpg

また、御廟橋のたもとにある水かけ地蔵の辺りでもだいぶん色づいていました。





40P1060883.jpg

ただ、木の上の方だけ紅葉しているので、お地蔵さんたちと絡めるのも難しい。






そして、今回どうしても見たかったのがこちら。


41P1060879.jpg

御供所の紅葉。
たった1本の木ですが、全ての葉が深紅に染め上げられた紅葉の極み!





42P1060881.jpg





43P1060872.jpg

木の枝にあっても、地に落ちてもその紅さに魅了されずにはおれない…。





44P1060869.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

こちらは通常非公開の場所で、紅葉の時期のみ玄関先を公開されるそうですが、前週はまだ見頃に至っていないということで門扉は閉ざされていました。

酔狂にも二週連続での高野山詣でを決めた一番の動機は実はコレ!
この木を見ないことには高野山の紅葉は完結できないのです (-ω-)

【撮影日:平成26年11月3日】




スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真


<<京の紅葉2014~嵐山 | BLOG TOP | 京の紅葉2014~槇ノ尾&嵐山高雄パークウェイ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。