四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

富士山周遊Ⅱ(1)西富士編

00P1090791.jpg

  1. 東海
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
お正月にめぐって来たばかりですが(汗)、またまた富士山へ。
今回の旅はとにかく急ごしらえでした。何しろ前日の夕方でもまだ出掛ける予定をしていなかったのですから…(^_^;)

夕飯後に試しに宿を調べてみるとお誂え向きに空きが見つかったものですから、そこから即予約を入れて翌朝決行!という運びになったのでした。


01P1090744.jpg

早朝5時半頃に大阪を発ちおよそ5時間弱、ようやく富士山の姿を拝めるようになりました。




02P1090746.jpg

しかし、晴れているものの雲が多く、南側の稜線をすっぽり隠してしまっていました。





03P1090748.jpg

由比の辺りまで来ると心持ち雲が減って来た気が…。





04P1210508.jpg

そして、富士川SAの展望テラスにて。
今回も某刑事物ドラマの主人公たちのシルエット入りです (^_^;)




05P1090761.jpg





06P1090758.jpg

完全ではないものの、山にかかる雲の量はかなり減って来ましたし、これは期待できそう?

ということで、当初はお正月には行っていない箱根方面を目指す予定だったのですが、雲の長い尾ひれがまさにそちら方向へと伸びていたものですから、この日は断念。また同じルートになると思いつつ、西側から攻めて行くことにしました。




07P1090762.jpg

で、やって参りましたのは朝霧高原。
お正月にも来ておりますが、大きく違ったのが高原自体が一面雪に覆われていたこと。
ここは手頃な傾斜具合ということで、そり遊びに興じる親子連れなどもいました。





08P1090764.jpg

アングルが変わったせいか、ここまで来るとほとんど雲が気にならなくなりました(雲は裏側へ)。




09P1210523.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

結構積もっていまして、踏み固められていない場所では、足を踏み出す度に埋もれそうになることも。





10P1210524.jpg

辺り一面足跡だらけでしたので、なるべくなさそうな場所を探して一枚。





11P1210527.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

それにしても、よく晴れて青空と雪の白のコントラストが眩いばかり。
ただ、背後に雲があることに変わりはなく、先行きがどういうことになるのか気がかりでもあり…。


と、ここでちょうどお昼時になりましたので、軽く昼食を摂りまして、お次はせっかく雪があるのならこういう時に一度行ってみたいと思っていたあの場所へ…。


13P1090768.jpg





14P1090773.jpg

西湖いやしの里根場。
茅葺屋根の古民家集落を復元したスポットで、2011年9月 にも訪ねております。





15P1090774.jpg

少々お天気が良すぎて融け落ちてしまうのでは?と心配でしたが、木の上の雪はほとんど落ちていたものの、何とか間に合いました。





16P1210532.jpg

道は除雪してあったので、歩くのには特に支障ありませんでしたが、やや風情に欠けるか…(^_^;)





17P1090778.jpg

これが見たかった!\(^o^)/
お目当ての古民家と富士山の取り合わせもバッチリ。
雲が少し顔をのぞかせていましたが、これくらいならまあいいか。





18P1210542.jpg

このくらいの角度ならほとんど目立ちませんし (^_^;)





19P1090782.jpg

軒下に吊られているのはトウモロコシ?




20P1090784.jpg

里の真ん中に川が流れていてその橋の上から。
富士山と古民家というと、山中湖側の忍野八海が有名ですが、こちらの風景も中々のもの。それに人も少なくてゆっくり見られるところも私的にGood!でした(バスの団体客などと鉢合わせになったりするとそうも行きませんが)。





21P1210558.jpg

おやおやこの小さな茅葺屋根は犬小屋?

ところで、こちらの古民家群ではそれぞれお店を営まれていたりしますが、中の一軒に自由に二階へ上がることができるものもありまして、




22P1210556.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

その二階からの眺めを額縁風に。
富士山を真正面に望むことのできる一等地ですね。





25P1090790.jpg

さて、園内の散策に戻り、頭に花飾りのある可愛らしい雪だるま。





26P1090794.jpg

こちらの時計は合ってません (^_^;)





27P1210560.jpg





28P1090796.jpg

「西湖いやしの里根場」は入場料がかかるものの、日本の原風景を楽しめますし、とりわけ雪の積もった時などはおススメのスポットです (^-^)/


ということで、この後は再び富士山周遊の旅へ。



29P1210568.jpg

西湖の湖畔もやはり積雪が。
無数の足跡や車のタイヤ痕がちょっと残念でした。




30P1210564.jpg

ボートもすっかり雪で覆われています。





31P1210570.jpg

続いて河口湖。
湖面が白っぽくなっているのは凍結していたため。




32P1090805.jpg

ちょうど境目部分。
凍っている部分も凍ってない部分も、どちらも日が当たってキラキラ輝いていました。




33P1090804.jpg

沖合の方にも凍っていないエリアが。

お正月にも、小さな精進湖で部分的に凍っているところを見られましたが、大きな河口湖で凍結している様を見られるとは…。同じ冬と言っても、冬の初めと真冬ではまたちょっと様相が違うようですね (^_^;)

【撮影日:平成27年1月31日】


《メモ》
  西湖いやしの里根場 【地図】
   山梨県南都留郡富士河口湖町西湖根場2710
   TEL:0555-20-4677
   入館料(施設保存協力金)一般350円、小中学生150円
   営業時間… 4~11月 9:00-17:00 無休
           12~3月 9:30-16:30 水曜日休館



スポンサーサイト

テーマ:富士の旅 - ジャンル:旅行


<<京の早咲き梅 | BLOG TOP | 般若寺の水仙>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback