四季彩綴り

  • 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08

富士山周遊Ⅱ(3)箱根・富士川

00P1090882.jpg

  1. 東海
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
伊豆から山を越えて箱根へ。
ここ数年、毎年お正月に富士山をめぐっていますが、その時期は駅伝開催により交通規制が敷かれるため、中々近寄り難かった冬の箱根にようやく訪れることができました。


01P1090878.jpg

箱根と言えば芦ノ湖!ということで、まずは箱根港へ。




02P1090880.jpg

タイミング良く海賊船が姿を現しました。




03P1210638.jpg

雲一つない快晴の空の下、赤い装飾が施された海賊船がひときわ映えます。





05P1090886.jpg

それにしても、予想以上に大型の船で凄い迫力でした。
ただちょっと残念だったのは富士山の稜線が少しぼんやりしていたのと、ここからだと本当に頭しか見えないところ。芦ノ湖越しの富士山を拝むにはここはあまり適さないようです。




06P1090889.jpg

港のそばには箱根駅伝の記念碑が。
この碑の側面には歴代優勝校の名前を記したプレートが埋め込まれていますが、近年のものは製作中ということで取り外されていました。



さて、芦ノ湖越しの富士山を求め、もう少し先まで行って見ることに。
こちらの海賊船が次に入港するのが元箱根港ですので、そちらを目指します。



07P1210648.jpg

元箱根港。
先ほど箱根港で入港を出迎えたのと同じ赤い海賊船が入港して来たところです。

なお、手前の足元が濡れたように見えるのは実は凍結しています。この時も凄まじい寒風が吹き荒んでいて、凍えるばかりの強烈な寒さでした。




08P1090896.jpg

右手の高い山が駒ヶ岳。
奥の富士山も箱根港の時よりもだいぶん下の方まで見えるようになりました。





08P1210649.jpg

そして、何より富士山の右手に朱の鳥居。
代表的な箱根の風景スポットはここだったのですね。





09P1210656.jpg

そうこうしている内に、海賊船が再び出航!





10P1210660.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

相変わらず富士山はぼやっとしていますが、朱の鳥居と赤い海賊船を両脇に従え、中々良い感じの絵を収めることができました。

なお、海賊船は他に青と緑のカラーがあるそうで、同じ構図でもそれぞれでまた違った雰囲気になりそうですね。

さて、芦ノ湖越しの富士山もようやくゲットできましたが、おまけでもう一つ。
同じ元箱根港の少し高台からのアングル。


11P1210643.jpg

観光雑誌などで取り上げられる箱根の富士山といえば、だいたいがこれを指すのでは?
残念ながらこの日は強風で非常に波立っていたので無理でしたが、湖面が穏やかな時には逆さ富士を拝めることもあるそうです。




12P1210646.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ここは現代日本画の収集で知られる 成川美術館 のすぐ上の道路上(手前の屋根は美術館ではありません)。
美術館内にももちろん展望室があって、同様の風景を眺めることができるようですが、この日は時間的な余裕もなかったのでスルー。次の機会には是非訪ねてみたいと思います。





13P1090891.jpg

箱根での富士山観望もこれにて終了!

ということで、箱根から三島方面へ出て帰阪の途に就くわけですが、少し回り道をして立ち寄ったのが富士市の岩本山公園。



14P1090904.jpg

富士山の西側に回って来たせいか、箱根まではまとわりついていた、雪煙のような雲もすっかり消えていました。それにこちら側は風もあまりなく暖か。箱根とは大違いでした(^_^;)





15P1090905.jpg

で、そんな温暖な気候ゆえに、こちらでは梅の花が咲き始めているという情報があったのですが、





16P1090906.jpg

確かに咲いていました。
ただし、ピンポイントでほんのごくわずか…(^_^;)





17P1090910.jpg





18P1210670.jpg

富士山と共に…と思っても、中々良い位置には咲いておらず…。






19P1210673.jpg





20P1210680.jpg





21P1090924.jpg

蝋梅も咲いていましたが、こちらは既に盛りを過ぎていて、満開という木には出会えず。





22P1090931.jpg

こちらの例年の見頃が2月下旬~3月上旬ということを考えれば、当然のことなのですが…。





23P1210687.jpg

でもまあ、ほんの少しでも梅見気分を味わえたのでよしとしましょう。




24P1090919.jpg

岩本山公園の展望台から見る富士川に架かる橋梁群。






25P1090939.jpg

ということで、こちらにもまた立ち寄ってみました。





26P1090951.jpg

雲一つない富士の高嶺と新幹線。
これがドクターイエローなら… (^_^;)





27P1090954.jpg

さらに、富士川楽座の外の駐車場から富士川越しの富士山。
これまで素通りしていたのですが、ここがベストの撮影ポイントだったようですね。





28P1210713.jpg

ということで、スマートICから入って、下り線の富士川サービスエリアへ。
ちょうど穴の中に富士山の山頂が収まってくれました。





29P1210715.jpg

二日間の富士山三昧の締め括り。
最後まで美しいお姿に感謝感激!です。





30P1090964.jpg

そして、最後にもう一つお土産(?)





31P1090969.jpg

雪を頂く富士山に紅梅。
まさかこんな所で拝めるとは…、演出にしてはあまりに粋な差配ではありませんか!(^-^)v

【撮影日:平成27年2月1日】





スポンサーサイト

テーマ:富士の旅 - ジャンル:旅行


<<立山観望 | BLOG TOP | 富士山周遊Ⅱ(2)伊豆編>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback