四季彩綴り

京の雪景色2015-天龍寺

00P1210957.jpg

  1. 嵐山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
本業の繁忙期に体調不良も重なり、更新が滞りっぱなしでどうもすみません。
急に春めいて来て、今さら雪景色なんて…と笑われそうですが、どうぞお付き合いのほどを(^_^;)

天龍寺といえば、秋の紅葉や春の桜の時期にはよく足を運んでおりますが、冬の雪景色は今回が初めてとなります。



01P1210892.jpg

受付を済ませ中に入るとまずは大方丈が目の前に。
屋根瓦に万遍なく雪が降り積もり、背後の青空も相まって何とも荘厳な風景に…。




02P1210895.jpg

そして、その前にある本坊東庭。
左の勅使門の屋根も真っ白となり、地上も白砂の砂紋を浮き上がらせるように雪が降り積んでいました。




03P1100145.jpg





04P1210897.jpg





05P1210901.jpg

砂紋だけでなく、葉っぱの形も残しつつ積もる雪。
特にここは日が当たっていなかったので、融け落ちることなく留まっていたのでしょうね。




06P1100148.jpg

ふと空を見上げると何羽かの鳥が飛来。





06P1100149.jpg

鳥には全く詳しくないので名前はわかりません(^_^;)





07P1210899.jpg

さて、長い前置きになりましたが、本題の曹源池庭園へ。





08P1210900.jpg





09P1210904.jpg

残念ながら日当たりの良い池の向こう側はほとんど融けてしまっていましたが、手前の石庭部分は東庭と同様に美しく雪化粧していました。




10P1100152.jpg

こちらは大方丈と小方丈の繋ぎ目の辺り。
青空がやや白っぽくなって来たのが気がかりですが、ここの屋根瓦の雰囲気も素敵♪




11P1210906.jpg

総じて日陰部分の雪の積もり具合はちょうど良い感じで…。




12P1100161.jpg





13P1210910.jpg

借景の嵐山もまだ何とか雪山の余韻を留めています。




14P1210921.jpg

人通りが途絶えた隙に大方丈前を。
「雪景色」ということなら、青空は入りませんがこちら側の風景の方が絵になりますね。





15P1210917.jpg

さて、雪が融けてしまう前に奥の百花苑の方も見ておかなくては!





16P1100163.jpg





17P1210928.jpg

小方丈から多宝殿に向かう渡り廊下越しに大堰川を模したという庭園を。





18P1210931.jpg

多宝殿へ向かう参道。
この辺りの木の上の雪はもうすっかり消えてしまっていました。





19P1210934.jpg

それでも、足元の苔庭は雪に覆われています。





20P1100164.jpg

また、雪の下から咲き始めの椿が顔をのぞかせていたりも。





21P1100166.jpg





22P1100168.jpg





23P1100169.jpg

日陰の散策路ではまだ雪の華も見られました。





24P1100174.jpg





25P1100176.jpg





27P1210946.jpg

続いて望京の丘へ登ってみようと思いましたが、残念ながら途中で通行止めでした。





26P1210942.jpg





28P1100180.jpg

ということで、再び曹源池に戻って来ましたが、何やら雲行きが怪しい雰囲気に。





29P1100181.jpg

と思っていたら、また小雪が舞い始めました。
雪見にはこれも風情があっていいですけどね。





30P1100183.jpg

池の奥の溜まりにはたくさんの鯉が集まっていて、中の何匹は滝登りよろしく、流れ落ちる水の下に突っ込んで行っていました (^_^;)





31P1210967.jpg

そうこうしているうちにまた急に青空が出て来ました。
何とも目まぐるしい!




32P1210974.jpg

もうこの頃になると小方丈の屋根の雪もだいぶん融けて来ていました。
手前の石庭でも、下の白砂が露出している所も。

ということで、当初は北門から出てそのまま嵯峨野散策とも思っていたのですが、この調子では雪融けの後追いになりそうでしたので、まだ望みのありそうな奥嵯峨方面へ車で一気に移動となります (^_^;)

【撮影日:平成27年2月14日】


《メモ》
  天龍寺 【地図】
   京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
   TEL… 075-881-1235
   拝観時間… 8:30~17:30(10/21~3/20は17:00閉門)
   拝観料 …庭園拝観のみ500円




スポンサーサイト

テーマ:雪景色 - ジャンル:写真


<<京の雪景色2015-祇王寺 | BLOG TOP | 京の雪景色2015-嵐山>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback