四季彩綴り

晩春の北アルプス観望-八方尾根

00P1140907.jpg

  1. 上信越
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
山麓から雪山を眺めるのもいいですが、もう少し山に近づきたいと思い八方尾根スキー場へ。
標高の高いエリアではまだ滑走が可能なので、GW期までゴンドラやリフトの営業が続けられているのです。眺望の良さでは岩岳スキー場の山頂も素晴らしいですが、こちらは残念ながら既に営業終了となっていました。



01P1140915.jpg

下部エリアでは新緑が進んでいましたが、





02P1220908.jpg

日陰になる所ではまだ残雪も見受けられ






03P1140912.jpg

それでも、ピンク色の桜も咲いていたりと冬と春が同居しているような光景が続きますが、





04P1140849.jpg

ゴンドラの終点・兎平ゲレンデに着くとしっかりスキー場らしい風景が現れました。





05P1140911.jpg

「兎平」というのは、急斜面のため深く抉れてコブだらけとなり、ここをぴょんぴょん飛び跳ねるように滑り降りることから付いたネーミング。まあ、私は絶対に滑りたくないコースですが…(^_^;)





06P1140850.jpg

兎平からは白馬三山は見えないため、さらにリフトで上がって行きます。
この日は雲一つない晴天でダウンジャケットでは暑いぐらいでしたが、リフトに乗車している間は風がとても冷たく感じられましたので、全くの失敗ではなかったようです。






07P1140910.jpg





08P1140852.jpg





09P1140853.jpg

目の前の斜面の左右からのぞく名立たる山々を眺めつつ終点の黒菱平へ。






10P1140855.jpg

すぐ近くにある運転休止中のリフトの降り場まで歩いて行くと雪のない所も。ゲレンデは人工的に雪を作ったりしているので維持できていますが、放っておくとこの辺りの標高でもこうなってしまうのですね。





11P1140857.jpg

五竜岳から遠見尾根。





12P1140859.jpg

さらに左へ目を向けると白馬五竜スキー場のアルプス平ゲレンデが。
こちらも営業中でしたので、多くのスキーヤーの姿も見えました。






13P1140860.jpg





14P1140861.jpg

さらに下部は白馬47スキー場のコースかな?
ここも右側のコースがかなりのコブコブみたいですね。






15P1140864.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)
(さらに倍率の高い画像は こちらをクリック のこと)
スィングパノラマでも撮影。
険しい山々を両断するように真ん中に八方尾根がドーンと。





16P1140900.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

なので白馬三山もゲレンデからようやく頭の部分が見えるという感じですので、さらにもう一本リフトを乗り継いで行ってみます。






17P1140898.jpg





18P1140866.jpg

長野五輪の男子滑降のスタート地点を示す標識。





19P1140867.jpg





20P1140871.jpg

最上部のリフトの終点へ。
ゲレンデ越しに白馬鑓ヶ岳の先っちょがちらっと見えていますが、ここからは三山の存在が全くわかりません。





21P1140873.jpg

リフトで昇れる最高地点の第一ケルンに到着。
ここまで来るのは大抵がスキーヤーですが、登山目的の方もちらほらいらっしゃいました。






22P1140874.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

リフトを降りてすぐのゲレンデから望む白馬三山。
ここまで来ると雪の反射が眩しくてサングラスなしでは目を開けていられないほどです。

しかし、まだここでも三山の下部は八方尾根自身に遮られているので、この先の雪のない場所まで少し歩いて行きますと…





23P1140879.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ようやく白馬三山の全容を目にすることができました。
が、意外に下の方はあまり雪がなく、「ザ・雪山!」という感じは先ほどの場所の方が強かったようです(^_^;)





25P1140879-3.jpg

こんな画像ではとてもお伝えしきれませんが、実際に目の前に広がる光景は圧倒的な迫力でした。





25P1140890.jpg

手前から白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳の仲良し(?)三人組(^_^;)





26P1140888.jpg

さらに右へ視線を移すと次第に雪が消えて行き、眼下にはお隣の岩岳スキーも見えました。






27P1140889.jpg

すっかり雪が消えており、そりゃあスキー場もクローズになりますよね (^_^;)
でも、こちらから三山を眺めるとまた角度が違うので、できればゴンドラは動いていて欲しかったですね。





28P1220918.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)
(さらに倍率の高い画像は こちらをクリック のこと)
こちらのスイングパノラマ撮影分も。
こうして一つ画面に収めてみると、なんだかスケールダウンしてしまう気もしますが…(^_^;)





29P1140903.jpg

ということで、再びリフトで下りて黒菱平へ。
こちらはさらに下の兎平から昇って来たリフトの降り場ですが、上の三角のガラス窓に雪山が映り込んでいました。

で、こちらにはカフェもありますので、ちょいとお茶飲み休憩に入ってみると





30P1140906.jpg

大きな窓の外にこの素晴らしい絶景が!
わざわざ上に昇らなくても、ここからの眺めで十分だったかもしれませんね (^_^;)

【撮影日:平成27年5月2日】





スポンサーサイト

テーマ:自然の風景 - ジャンル:写真


<<城北菖蒲園 | BLOG TOP | 晩春の北アルプス観望-白馬山麓>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback