四季彩綴り

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

初夏の平安神宮神苑

00P1150814.jpg

  1. 平安神宮
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
5月最後の週末に平安神宮の神苑を訪れました。


01P1150762.jpg

薄雲の間から見える青空。





02P1150763.jpg

春は桜色に染まっていた南神苑は緑の園にすっかりモデルチェンジしていました。





03P1150770.jpg





04P1150780.jpg

初夏に咲いているけれど「冬葵」。
これは冬に咲く花という意味ではなく、冬でも枯れず葉が青いまま…ということから付いた名前らしいです。





05P1150782.jpg

萩の花も咲き始めていました。





06P1150783.jpg

萩は秋の花というイメージですが、夏咲きのものもあるようです。よって、狂い咲きというわけではありませんが、ただ、これも例年に比べるとちょっと早いかも…。





07P1150784.jpg





08P1150785-2.jpg

そして、足元を彩るのはサツキ。
この季節も意外に花が多いですね。





09P1150822.jpg

さて、お次は西神苑。
今回はこちらがメインのお庭になります。





10P1150819.jpg

白虎池を覆うのは花菖蒲。
まだ満開には至っておらず、場所によってはまばらにしか咲いていない所もありましたが、こうして遠目からでも華やかさがわかるほどよく咲いている所も。





11P1150824.jpg





12P1230160.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

さらに咲き始めの睡蓮の花も加わり、華麗な競演を楽しむことができました。





13P1150787.jpg





14P1150832.jpg

睡蓮も白・ピンク・紅とカラフル♪






15P1150818.jpg





16P1150825.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

水鏡に映る花菖蒲も含め、大変美しい風景に出会うことができました。





17P1150796.jpg

ただし、朝一だったこともあり、日陰と日向の明暗差がくっきり。
写真撮影には困るシチュエーションでもありました (~_~;)





18P1150798.jpg

また、多くの花で開花の早くなっている今年のこと、花菖蒲も5月半ば頃から咲き始めたようで、月末のこの日でも既に咲き終わった花殻が少し目立っている所もありました。





19P1150801.jpg

名残りのサツキとのコラボも。





20P1150808.jpg

日差しをいっぱい受けてキラキラ輝く花。





21P1150806.jpg

しかし、こんな調子で日に当たっているとあっという間に干からびてしまいそうですね。





22P1150802.jpg





24P1150828.jpg

その点、日陰にある花はしっとりとした風情で目にも優しい (^-^)





25P1150834.jpg

とりわけ青味の強い花に惹かれますね。




26P1230165.jpg





27P1150837.jpg

また、黄色の河骨も咲き始めていました。
花だけ見ていると名前の由来がよくわかりませんが、何でも、この根っこの部分が白くて細長く節くれだった形状で、それが人間の背骨のように見えることから付いたらしいです。





28P1150848.jpg

続いてサツキに誘われ中神苑へ。





29P1150854.jpg

こちらは今の季節は睡蓮が主役のお庭。





30P1150852.jpg

まだ数は少ないものの、紅・白・ピンクに黄色の睡蓮も咲いていました。なお、こちらは秋まで咲き続けますので、花菖蒲が終わってからも楽しめますよ♪





31P1150859.jpg

睡蓮の葉っぱに細く小さいイトトンボの姿も。





32P1150879.jpg

そして、ラストの東神苑へ。





33P1230169.jpg

こちらの主役はサツキの花でした。





34P1230172.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

おなじみ泰平閣からの眺め。
放射状に広がる薄雲に、栖鳳池に映り込むサツキの彩りも美しい。





35P1150895.jpg





36P1150894.jpg

と、そんな所に突如として蛇が登場!
生まれて初めて泳ぐ姿を見ました (@_@)

全くの不意打ちで、しかも猛スピードで泳いで来ましたので、ピントが上手く合わずピンボケに。
再度のチャレンジをする前に橋殿の下に潜り込んで、そのまま姿を消してしまいました。
つくづく動画で撮っておくべきだったと…(-_-;)





37P1150900.jpg

ということで、最後にサツキ越しに泰平閣を。

花菖蒲としてはややフライング気味でしたが、サツキが盛り過ぎとはいえ、まだ綺麗な姿を保っているものが多かったですし、それなりに満足の行く訪問となりました。

何よりまだ人出が少なかったですからね (^_^;)

【撮影日:平成27年5月30日】


《メモ》
  平安神宮・神苑 【地図】
   京都市左京区岡崎西天王町97
   TEL:075-761-0221
   入苑料:一般600円、小人300円
   拝観受付時間… 8:30-17:00(夏季は17:30、冬季は16:30まで)




スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<京の桜2015-平安神宮 | BLOG TOP | 八条ヶ池の花菖蒲>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。