四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

花菖蒲咲く梅宮大社

00P1160376.jpg

  1. 京都・洛西
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 

6月の初め、花菖蒲が見頃との便りを耳にし、梅宮大社を訪ねました。



01P1160258.jpg

神苑に入ってすぐの所に早速花菖蒲が。





02P1160260.jpg

黄色のラインが花菖蒲の印。
アヤメ科の花の手っ取り早い見分け方で、ここが白なら杜若、網目模様ならアヤメという具合になります。





03P1160442.jpg

梅と名が付くあって梅の木も多いですが、立派な実をたくさん付けていました。





04P1160263.jpg

ほんのり赤みが差しているものも。





05P1160437.jpg

さて、神苑入口の正面に広がるのは東神苑の咲耶池。
手前は杜若ですので、既に花は終わっていました。




06P1230248.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

池の中央に架かる橋の辺りには、名残りのサツキと花菖蒲らしきものがちらほらと見え隠れ。
サツキの盛りの時に来たかった思いも…(^_^;)





07P1160396.jpg

石造りの橋越しに花菖蒲。





08P1160392.jpg

橋の向こう側では白の睡蓮が花を咲かせていました。





09P1160397.jpg





10P1160398.jpg





11P1160381.jpg

橋のこちら側からと向こう側から花菖蒲を。
ここはこじんまりとしていて花も少な目。





12P1160403.jpg

汀に咲く白の花菖蒲。





13P1160281.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ずんずん進んで行くと、やがて水鏡に映り込む花菖蒲が見えて来ました。





15P1230221.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

池の中の茶室を取り囲むように多くの花が咲き揃っていました。




16P1160273.jpg

白と紫の花に大別されますが、微妙に色違いのある紫系の方がやや優勢だったでしょうか。





17P1230222.jpg





18P1160289.jpg

続いては北神苑へ。





19P1160361.jpg

散策路を彩るのは紫陽花。





20P1160274.jpg

紫陽花の方はまだ咲き始めでしたので、色づき半ばのものが多かったですが、





21P1160358.jpg

中には濃厚な色づきのものもありました。





22P1160360.jpg





23P1160285.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

それにこちらの紫陽花は種類が豊富で、園芸用の新種も結構見かけました。





24P1160287-S.jpg

柏葉アジサイの上が一重咲き、下が八重咲き。





25P1160292.jpg

蕾の状態はコンペイトウのような可愛らしさ。





26P1160329.jpg

遅咲きのアナベルはまだ少し緑がかった色合いでした。





27P1160411.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

濃いピンクのものがだいぶん色づいていたのでそれなりに雰囲気が出ていますが、紫陽花の見頃はもう一週ぐらい後だったでしょうか。





28P1160338.jpg

何と言っても、北神苑のこの日の主役もまた花菖蒲。
勾玉池を縁取るように多くの花菖蒲が咲き乱れていました。





29P1160406.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

勾玉の形をした池だから勾玉池。
池の中ではこれまた白の睡蓮がちらほら…。





30P1160341.jpg





31P1160423.jpg

花菖蒲もこちらの方が色のバリエーションが豊富でしたね。





32P1160409.jpg

しかし、こんなに花菖蒲がたくさん咲いていたとは!
こちらは東神苑から少し離れていますし、うっかり見逃さなくて良かったです (^-^)





34P1160257.jpg

最後に梅宮大社名物(?)の猫。
こちらで飼われているらしいですが、社務所前のおみくじの箱の上に座り込んで営業妨害(?)
いえいえ、お金の入れ口はきっちり開けておられたようです (^_^;)

【撮影日:平成27年6月6日】


《メモ》
  梅宮大社 【地図】
    京都市右京区梅津フケノ川町30
    電話…075-861-2730
    拝観時間… 9:00~17:00
    神苑入苑料…一般500円、小人300円




スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<ツツジ咲く梅宮大社 | BLOG TOP | 八条ヶ池の蓮>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback