四季彩綴り

夏の上信越旅(1)白馬

00P1230978.jpg

  1. 上信越
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
今年のお盆休みも涼を求めて信州へ。
しかし、例年お盆は天候がイマイチなので、今回はアルプス観望は二の次にして、お宿も長野市内と妙高高原でリザーブしていたのですが、案の定、予報は連日の雨に。とはいえ、初日はやはり一縷の望みを抱いて白馬へと向かったのでした(^_^;)



01P1230944.jpg

天気予報では朝から雨マークになっていましたが、薄ら青空も垣間見える曇天。まずは山が見えなくても楽しめるスポットということで、岩岳ゆり園にやって参りました。




02P1230980.jpg

ロープウェイ乗り場入口の樽に活けられたユリは花盛りでしたが、




03P1190450.jpg

山麓エリアでは既にユリはほとんど終了していました。





04P1230946.jpg

メインは山頂エリアですが、この山の上はいったいどうなっているのか…。




05P1230949.jpg





06P1190455.jpg

残念ながら、山頂エリアは深い霧に包まれていました。
この向こうには八方尾根スキー場のゲレンデが見えるはずですが、もちろん真っ白けで…(>_<)





07P1190456.jpg

ユリも咲いていることには咲いていましたが、この辺りはもうピークを過ぎていて花数も少なめ。





08P1190460.jpg

それでも、咲いている花は十分に綺麗でしたが。





09P1230951.jpg

とりあえずは白馬三山の見える展望スポットへ向かいますが、こちらも雲の帳がしっかりと降りておりました。





10P1230952.jpg

晴れていればユリの花と共に三山を拝むことができたはずでしたが、今回も実現せず…。






11P1190502.jpg

一方、ブナ林の中のユリは見頃旬を迎えていました。






12P1190484.jpg





13P1190491.jpg





14P1190472.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

木立の間に植わっているので、それほど多くが群生しているわけではありませんが、木蔭ゆえ花の瑞々しさも保たれていて、ふいに立ち込める霧も幻想的な効果を生み、とても美しい風景でした。





15P1190495.jpg





16P1190496.jpg





17P1190562.jpg

そんな中に日本原産の山百合も咲いていました。




18P1190492.jpg

大ぶりの白い花弁に黄色の筋、そして、赤の斑点模様が特徴。
全ては虫を引き寄せるための手管ですが、人の眼も惹かずにはおれない大変ゴージャスな花です。





19P1190466.jpg

こんなユリの花に囲まれた中での休息はいかが?




また、山頂エリアは標高1200m超に位置するので、ユリの他にもいろいろな高山植物が見られ


20P1190468.jpg

藤袴に似たヨツバヒヨドリ。




21P1190473.jpg

黄色のハンゴンソウはまだ咲き始めか。




22P1190500.jpg

紫色の美しいギボウシ。




23P1190509.jpg

濃いオレンジ色の花が目を引くフシグロセンノウ。




24P1190476.jpg





25P1190470.jpg

他にも名前がわかりませんが、白い花や赤い実なども…。




26P1190573.jpg

そして、こちらはヤマハハコ。




27P1190576.jpg

白い花が遠目にはカスミソウみたいで、ユリの花と合わせると花束のよう。






28P1230965.jpg

ということで、再び開けたゲレンデエリアに戻って来ましたが、相変わらず霧は晴れやらず。





29P1190513.jpg

それでも、まあ、花を愛でることはできますから…(^_^;)





30P1190522.jpg

と、おもむろに空を見上げると雲の切れ間から青空が…。






31P1190518.jpg

横向きのハイブリッド系





32P1190519.jpg

上向きのスカシユリ系





33P1230968.jpg

だんだん青空の領域が広がって来たような…。





34P1230972.jpg

一瞬、日も差し込み、何とか夏らしい青空とユリの取り合わせも撮ることができました (^-^)v





35P1190526.jpg





36P1230974.jpg

八方尾根のゲレンデも見えて来ましたよ。





37P1190529.jpg

赤の斑点はありませんが、山百合と似た華やかな白百合。





38P1190536.jpg

山麓の町並みも薄ら見えて来ました。





39P1230976.jpg

結局、白馬三山を拝むことはできませんでしたが、予報が雨だったことを思えば、奇跡のような光景。





40P1190557.jpg

その後はまた深い霧に包まれてしまいましたので、天候が悪いながらも、ちょうどいいタイミングで訪れることができて良かったです(^-^)





41P1190589.jpg

下山して来て、駐車場の際に咲いていた向日葵。
ここはどうしても車が映り込んでしまいバックがイマイチと残念に思っていましたが、





42P1190591.jpg

白馬村内の道路脇で格好の場所がありました。
しかし、晴れていれば、この花の向こうにアルプスの峰々が見えるはずが…。




43P1190593.jpg





44P1190597.jpg

とはいえ、今年はどうも向日葵を撮る機会が少なかったものですから、遅ればせながらここで出会えて良かったです (^-^)/

【撮影日:平成27年8月13日】


《メモ》
  白馬岩岳ゆり園 【地図】
   長野県北安曇郡白馬村北城岩岳
   TEL:0261-72-2474
   入場料… 一般1800円、小学生以下1000円(ゴンドラリフト乗車料込み)
   営業時間… 8:30-17:00(上りは16:30まで)
   ※2015年は7/11~8/23の予定




スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<夏の上信越旅(2)長野・善光寺 | BLOG TOP | 京都観蓮めぐり>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback