四季彩綴り

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

夏の上信越旅(2)長野・善光寺

00P1190630.jpg

  1. 上信越
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
白馬からオリンピック道路を使い1時間ほどで長野市内へ。
定番の善光寺さんを訪ねました。


01P1190609.jpg

隣接する城山公園の駐車場に車を入れたため、横道からの参拝となり、こんな池のある庭園のような風景からのスタートに (^_^;)




02P1190613_2015082022160852b.jpg

「鳩ぽっぽ」の歌碑。
作詞の東くめが、ここ善光寺の鳩を見て歌詞を作ったのだそう。





03P1190616.jpg

有名な「牛にひかれて善光寺」のフレーズが詠み込まれた俳人・小林一茶の句碑。




04P1190617.jpg

種田山頭火の句碑などを横目に見つつ、




05P1190619.jpg

本堂へやって参りました。とはいっても、これは横向き。




06P1190623.jpg

庇越しに見る木々には早くも黄葉の気配?





07P1190626.jpg





08P1190624.jpg

鐘楼は別の場所にあるのですが、本堂にも備え付けの鐘が…。





09P1230990.jpg

表側に回ると本堂前に櫓と提灯飾り。
翌日から行われるお盆縁日の準備が進んでいたのでした。





10P1230991.jpg

ちょうどお昼時ということもあり、本堂内も境内も多くの参拝者で溢れかえっていましたので、画像もあまり撮れず。





11P1190655.jpg

本堂前の煙を吹く狛犬。




12P1190660.jpg

風向きなどで煙の出方が変わるので、ちょうど口から吹いているように撮るのは難しいですね。





13P1190631.jpg

善光寺三門。
往来する人が絶えないので、上部のみで失礼。





14P1190654.jpg

その山門脇に置かれていた記念撮影用の看板。
やはり「牛にひかれて…」が善光寺さんの代名詞ということでしょうか (^_^;)




15P1190648.jpg

また、山門前からは蓮池も見えました。





16P1190629.jpg





17P1190649.jpg

美しいピンクの花色。




15P1190653.jpg

こちらは本坊・大勧進の放生池。
朱塗りの橋が格好の被写体なのですが、人が多くてまともには撮れず…(-_-;)





18P1240002.jpg





19P1190636.jpg





20P1230997.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

画面右に見える金飾りのある建物が善光寺本堂。
蓮は盛りを過ぎていたようで、花数もそう多くはなく、比較的多く咲いている参道側は生垣で近づくことができないため、花のアップを撮るのは中々難しく…。





21P1230999.jpg





22P1190641.jpg

折しも少し風もありましたので、被写体ブレ続出になってしまったのは残念でした。





23P1240001.jpg

蓮の葉の上に小銭。
誰か一人でもやると、他の人も皆試してみたくなるものなのでしょうね (-"-)




24P1230996.jpg

しかし、こんな所で蓮の花に出会えるとは思っていなかったので(リサーチ不足で)、これは嬉しい誤算でした (^-^)




25P1240003.jpg

ということで、その後はお隣の長野県信濃美術館の東山魁夷館を見学。
前日が車中泊だったこともあり、観光はそこそこに、早めに宿に入り休養に当てることになりました。

【撮影日:平成27年8月13日】


《メモ》
  善光寺 【地図】
   長野市元善町491
   TEL:026-234-3591

  長野県信濃美術館・東山魁夷館 【地図】
   長野市箱清水1-4-4
   TEL:026-232-0052
   開館時間… 9:00-17:00



スポンサーサイト

テーマ:花紀行 - ジャンル:旅行


<<夏の上信越旅(3)小諸城址 懐古園 | BLOG TOP | 夏の上信越旅(1)白馬>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。