四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

アドベンチャーワールド・サファリ編

00P1000344.jpg

  1. 和歌山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
遅ればせながら1年半も経ってしまっていますが、昨年春のアドベンチャーワールド初訪問時の模様を特にサファリワールドに絞ってお送りいたします。

パンダについては 一つ前の記事 に載せていますので、そちらを参照のほどを。

サファリといえばだいたい車両に乗って回るのが定番ですが、こちらは園内がそれほど広くないこともあってか、1周およそ1.5kmの周回路を歩いて回るウォーキングサファリというものもあります。

さすがに肉食系の猛獣類は金網で隔てたり離れた場所から眺めるようにするなど距離をとっていますが、草食系の動物などはすぐ間近で見ることができるのが魅力です。



01P1000338.jpg

サファリワールドの向こうに見えるのは南紀白浜空港。




02P1000339.jpg

あまりの至近距離に驚かされます。





03P1000340.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

まずはゾウさんエリアから。
バスやカートが通り過ぎる横を徒歩で行き交う人の姿も。





04P1000345.jpg

反対側から見るとゾウさんの背後に観覧車が見えます。





05P1000347.jpg

ゾウさんのアップ。





06P1000361.jpg

続いてはシマウマと羚羊のシロオリックス。





07P1000362.jpg

ラクダ。





08P1000368.jpg

ここは餌やり体験もでき(餌は有料)、大きな口を空けたところを… (^_^;)




09P1000365.jpg

羊の祖先といわれるムフロン。





10P1000371.jpg

キリンさんも目線の高さで観察できるようになっています。





11P1000373.jpg

長い舌で餌をゲット。





12P1000381.jpg

チーターはもちろん金網越しですが、それでも、すぐ目の前を通り過ぎて行き、その締まった体躯としなやかな動きには野生動物らしい凄味が感じられました。





14P1000389.jpg

螺旋状の角が特徴的なブラックバック。





15P1000390.jpg

こちらは大きく曲がった太い角が目を引くアジアスイギュウ。





16P1000392.jpg

あくび混じり(?)のマレーバク。




17P1000399_201510291903138f3.jpg

仲良く並んだ大きなお尻… (^_^;)




18P1000401.jpg

その正体はサイでした。




19P1000402.jpg

立ちはだかる急な崖をよく見ると、





20P1000403.jpg

ヒマラヤタールが一休み中。
うまく保護色になっていますね。





21P1000405.jpg

ダチョウに次いで大きな鳥と言われるエミュー。





22P1000406.jpg

カンガルーは一つ所に集まってお休み中ですが、





23P1000410.jpg

ちょっと! どこのおやっさんですか?
何とも気持ち良さげにリラックス~♪





24P1000411.jpg

こちらも何やら行き倒れているようですが、




25P1000414.jpg

雌ライオンの群れでした。





26P1000425_20151029190620f0c.jpg

一方、雄ライオンはと言えば…





27P1000426.jpg

こちらもまるで猫の子のように静かに爆睡中。
こんな姿を見ていると百獣の王の風格もあったもんじゃありませんが、





28P1000419.jpg

立ち上がった姿はやはり中々のもの。
ちょうど見学のジープが通りかかり、餌に釣られて起き上がった一頭。しかし、他のみんなは横になったままでしたので、何だか下っ端くんが面倒事を押し付けられたような感じにも映りました (^_^;)





29P1000420.jpg

そして、熊さんエリア。





30P1000333.jpg

泳ぎが得意だというヨーロッパヒグマ。
餌のおこぼれ待ちか、カラスがずっとつきまとっていました。





31P1000331.jpg

マントヒヒ。
胸元に子供もしがみついていました。



ということで、まだまだ見逃した動物もたくさんあったようですが、サファリワールド散策は中々楽しかったです。ただ、徒歩で一周するのに1時間くらいかかりましたし、途中にあまり休憩する場所もないので、結構疲れましたが…(^_^;)



あと、サファリまで行かなくても、ふれあい広場などで見られる動物たちもいます。


32P1000452.jpg

チンパンジー。




33P1000455.jpg





34P1000449.jpg

凛々しいお顔のハクトウワシ。




35P1000447.jpg





36P1000468.jpg

ゾウガメ。





37P1000469.jpg





38P1000464.jpg

おどけた素振りのベニコンゴウインコ。





39P1000438.jpg





40P1000439.jpg

ライオンの赤ちゃん。
2014年3月に生まれた2頭のメスのうちの1頭で、これはアニマルカーニバルに登場した時のもの。飼育員さんに抱かれたままでしたが、とても可愛らしい表情を見ることができました (^-^)

ただ、こういう赤ちゃん動物はすぐに成長してしまいますので、会える時期が限られるのが難点ですけどね (^_^;)

【撮影日:平成26年4月28日】


《メモ》
  アドベンチャーワールド 【地図】
   和歌山県西牟婁郡 白浜町堅田2399
   TEL:0570-064-481

スポンサーサイト

テーマ:動植物 - ジャンル:旅行


<<『あさが来た』セット公開 | BLOG TOP | アドベンチャーワールド>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback