四季彩綴り

千畳敷&三段壁

00P1220525.jpg

  1. 和歌山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
海辺のリゾート地でもある白浜で有名な景勝地と言えば千畳敷でしょうね。


01P1250209.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

目の前に広がるのはその名のとおり畳を千枚敷けそうなほどの大岩盤。
波の浸食でできた平らな海底が、大地震などの地殻変動により隆起して、海岸段丘となった地形とのことです。




02P1220516.jpg

岩盤といっても砂を固めたような柔らかい性質のため、さらに波の浸食を受け複雑な地形に変化し続けているようです。




03P1220524.jpg

波打ち際まで歩いて行けますが、階段状になっているとはいっても自然の造形ですから、そうそう人の都合のいいようにはできておらず、結構歩きづらい。





04P1220513.jpg





05P1220518.jpg





06P1220522.jpg

満潮の時にはここまで波が上がって来るのでしょうね。





07P1220508.jpg

地層が表に露出しているので、それぞれの層で綺麗な模様になっているのを見るのも楽しい♪





08P1220512.jpg





09P1220492.jpg

こちら側は風化作用のためか、研磨したように表面が滑らか。
場所によって様々な表情を見せてくれます。





10P1220487.jpg

それにしても、そこかしこで目に付く落書きの数々には興ざめですね。
柔らかい地質が災いして簡単に削れてしまうため、「落書き禁止」の看板も空しく、不届き者が後を絶たないとか。

何千万年ともいう気の遠くなるような年月をかけてできた自然遺産を傷つけるのは一瞬。しかし、これを修復するには人工的には莫大な費用が、自然の力でも長い長い歳月がかかるということを考えてもらいたいものです。





11P1250220.jpg

波打ち際まで降りてくると、岩壁に打ち寄せる激しい波がよりリアルに。





12P1220489.jpg





13P1250217.jpg





14P1220496.jpg

また、南側へ回り込むと深く抉られた断崖が。





15P1220497.jpg





17P1220500.jpg





16P1220495.jpg

そして、この崖の向こう側にもう一つの景勝地・三段壁があります。






18P1130667.jpg

ということで、ここからはまた昨年のGWに訪問した際の画像になります (^_^;)
どちらもお天気は芳しくなかったので、さほど違いはないかと思いますが。





19P1130671.jpg

三段壁は越前の東尋坊などに似た柱状節理の岩壁で、高さが50~60mもある断崖絶壁。





20P1130672.jpg





21P1130680.jpg

打ち寄せる波が荒く、手前側では渦を巻いているように見える所も。
こうした波の浸食により洞窟も形成され、ここではエレベータで地下へ下り、その洞窟内部を見学することのできる施設もあります。





22P1130684.jpg

エレベータを降りると、いきなりたくさんの吊燈籠が照らす異空間へ。
ここに祀られているのは水の神様とされる牟婁大辯財天。





23P1130685.jpg





24P1000668.jpg

十六童子を従えその中央に鎮座されています。





25P1130689.jpg

外を見ると海面がすぐそこに。





26P1130690.jpg

絶壁に何やら足場らしきものが。
今でこそエレベータですぐにたどり着けますが、それ以前はここから出入りしていたということでしょうか。





28P1130693.jpg

ここが洞窟の入り口。




29P1130695.jpg

含まれる鉱物と海水が反応してか、模様のようにいろいろな色が。





30P1130715.jpg

洞窟内部。
押し寄せる波が奥深くまで入り込んで来ています。





31P1130700.jpg

伝説によればここは熊野水軍の船隠しだったらしく、この絵のように戦用の船を隠しておいて、いざという時はここから出撃して行った模様です。その当時も陸からの出入りルートは先ほどの足場のようなものだったのでしょうね。





32P1130710.jpg

洞窟内とはいえ、波の荒い時などは風圧を感じるほどの怒涛が。
この時も物凄い迫力に圧倒されるばかりでした(動画で撮っておけばよかった!)。





33P1130730.jpg





34P1130701.jpg

洞窟内には温泉も湧いており、飲用として横に柄杓も置かれています。
ただ、私は飲みませんでしたが、どうもあまり美味しくはないようです (^_^;)





35P1130733.jpg

波が上がって来ているわけではないのですが、洞窟内は湿度が高く足元はどこもびしょ濡れ。





36P1130705.jpg

ここは水夫たちが待機していたという番所小屋の復元。





37P1130707.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

板張りの部屋になっていますが、ここもやはり床が濡れており、あまり快適とはいえないようです。





38P1130742.jpg

ということで、最後は鎧を付けて(?)の記念撮影スポット。
洞窟へはエレベータを使ってしか来られないため、入館料が結構お高めですが、それでもちょっとした探検気分を味わえたり、上から眺めているだけでは今一つ実感できない岩をも砕く波の力の猛威なども間近で体感できて、まあよかったです (^-^)





39P1130743.jpg

お見送りしてくれたのはご当地キャラの「水軍くん」。
マスコットにしてはちょっと顔立ちが凛々しすぎるかな? (^_^;)


【撮影日:平成27年10月11日および平成26年4月29日】


《メモ》
  千畳敷 【地図】
   和歌山県西牟婁郡白浜町2927-72
   TEL:0739-43-5511(白浜観光協会)


  三段壁洞窟 【地図】
   和歌山県西牟婁郡白浜町2927-52
   TEL:0739-42-4495
   入館料… 一般1300円、小学生650円
   営業時間… 8:00-17:00(受付は16:50まで)




スポンサーサイト

テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真


<<高野山の紅葉(1)奥の院 | BLOG TOP | 神戸市立森林植物園>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback