四季彩綴り

高野山の紅葉(1)奥の院

00P1000278.jpg

  1. 和歌山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
 
今年も行って参りました! 高野山へ。
ここ何年かは年3回ぐらいのペースで訪ねておりましたが、今年は開創1200年で大賑いということで、石楠花や紫陽花の季節も遠慮しまして、ちょうど1年ぶりの訪問となりました。


01P1000270.jpg

いつもは一番最後に向かう奥の院ですが、今回は駐車場のことなども考え、先にお参りしておくことに。





02P1000272.jpg

参道途中の石燈籠に寄り添うように色形のよい紅葉が。





03P1000276.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

奥の院の紅葉といえば、英霊殿のある一帯。
しかし、前日の雨で随分と葉が散ってしまっていました。




05P1000315.jpg

とりわけイチョウはすっかり散り果てており、紅を引き立てる黄色のアクセントを失った紅葉風景はややパワー不足のようにも感じられました。





06P1000316.jpg

土日のうちに来られればよかったのですが、あいにくと家人の都合で早朝から出掛けることができず…(-_-;)





07P1000280.jpg

とはいえ、もみじの紅葉は最盛期を迎えており、これだけでも十分見ごたえがありました。




08P1000282.jpg

もみじにも黄葉しているものもあり、1本の木の中でもグラデーションになっていて美しい。





09P1000287.jpg





10P1000289.jpg

同じ風景でも手前に木が入るだけで、紅色がいっそう際立つようにも…。





11P1000296.jpg

綺麗に色づいていますね♪





12P1000291.jpg

という具合で、英霊殿周辺の紅葉は良かったのですが、もう一つのお楽しみの…





13P1000297.jpg

御供所の紅葉は門が開いておらず中に入ることができなかったのですが、外から見える部分だけとっても既に散り盛ん…。






14P1000300.jpg

残念ながら今年は見逃してしまいました (-_-;)





15P1000303.jpg

で、あともう一カ所、水かけ地蔵の所ではまずまずの色づき加減。





16P1000302.jpg





17P1000304.jpg

お地蔵様に近い部分はまだ青葉が多かったですので、こちらは次の週末ぐらいに見頃になっているかもしれませんね。





18P1000306.jpg

御廟橋より向こうは撮影禁止のため、画像はここまで。
さすがにまだ朝9時頃でしたので、特に混雑するようなことはありませんでした。





19P1000308.jpg






04P1000309.jpg

ということで、帰りにまた英霊殿前へ。
遠目に見ると奥に1本まだ黄葉の盛りのイチョウを発見!




20P1000311.jpg

全体的に先ほどより少し日の当たる部分が増えて来たでしょうか。
だいたいいつも奥の院は午後からでしたので気づきませんでしたが、この辺りは朝早い時間帯は逆光だったり影が差したりで、あまり撮影には向かないようです。





21P1000317.jpg

日差しが強すぎて陰も濃い。





23P1000320.jpg

足元を彩る美しい散り紅葉。





24P1000323.jpg

半分ぐらい日が当たった状態。




25P1000325.jpg

却って日が当たらない方が、紅が色濃く見えるところも。




26P1000326.jpg

緑の苔の上ほど映えませんが、砂利の上の散らし紅葉も乙なもの?





27P1000328.jpg





28P1000329.jpg

奥の眩さと手前の薄暗さの対比も面白いものです。





29P1000332.jpg

上を向いても下を向いても、どこもかしこも絵になりますね~♪




30P1000337.jpg

結局、全体に日の光が当たった状態で見ることはできませんでしたが、これはこれでまたよしと。





31P1000340.jpg

ということで、お次は壇上伽藍へと参ります♪

【撮影日:平成27年11月3日】





スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<橋杭岩 | BLOG TOP | 千畳敷&三段壁>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback