四季彩綴り

天龍寺

00P1010592.jpg

  1. 嵐山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
例年ですと、11月後半の三連休は京都の紅葉は概ね見頃最盛期で、候補が多すぎてどこへ行くか迷うところですが、今年は状態が悪すぎてどこへ行けばマシなのものを見られるのかと頭を悩ませることに… (-_-;)

で、さんざん迷った挙句、初日は嵯峨野方面へ。
下手な鉄砲も数撃ちゃ…の理屈で、どこか一つぐらいは当たりもあろうかと…(^_^;)

初っ端は紅葉期には早朝参拝を実施(11月中で終了)されている天龍寺です。


01P1010938.jpg

夏には蓮の花が咲き誇る放生池は蓮の枯れ茎にたなびくススキですっかり暮秋の景に。




02P1010565.jpg

そして、庫裡へと続く参道は紅葉の並木道となっているのですが、どうもあまり色づきは芳しからず…。





03P1010567.jpg

まだ青葉も多く見られるというのに、下には早くも散り紅葉…。





04P1010571.jpg

飛雲観音さんの周りはそこそこ色づいていましたが、でも、まだ色づき途中の透明感のなさが…。




05P1010574.jpg

遠目にはよく色づいているように見えるのに、そばに寄ってみると青葉混じり…というのが、総じて今年の傾向か。





06P1010573.jpg





07P1010576.jpg





08P1010578.jpg

庭園内に入ってからも部分的に真っ赤に染まっている木は結構あるのですが、本来は全体的に万遍なくそのように色づくはずなのでしょうに…(-_-;)





09P1010660.jpg

赤~橙~黄~緑のグラデーションも好みですが、さすがに毎度こればっかりというのも… (^_^;)





10P1010580.jpg





11P1010655.jpg





12P1010581.jpg

とはいえ、曹源池の周辺はそこそこ綺麗に色づいていたでしょうか。





13P1010584.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

この日はやけに鯉たちがこちらよりに大集合。





14P1010588.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

あいにくの曇天で日差しが弱かったのも、紅葉の鮮やかさや水鏡への映り込みが弱く、いまいちパッとしない要因になっていたでしょうが。





15P1010595.jpg

それでも、さすがにこちら側の風景は絵になります。





16P1010596.jpg

ここだけは赤さの度合いも段違いでしたから。





17P1010601.jpg

この真ん中の木は早くから色づいていたのでしょうね。
だいぶん散ってしまったいて葉がスカスカ。手前にススキがあったり奥に石組もあって、雰囲気はいいのに残念!





18P1010604.jpg

続いて百花苑へと向かいますが、その入口に盛りは過ぎていたものの、まだ色鮮やかさを残す紫式部。





19P1010608.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

赤と黄のセンリョウ(拡大画像でないと見づらいですが)。
通常は「千両」と書くことが多いですが、こちらでは「仙蓼」と表記されていました。





21P1010613.jpg

石灯籠の向こうの紅葉も色は薄め。





22P1010617.jpg

多宝殿前ではほんの葉先しか色づいておらず…。
もう一週後だとこの辺りも色付いていたのかしら?





23P1010614.jpg

その替りと言っては何ですが、椿の花が咲き始めていて、目を楽しませてくれました。
こちらは白地に赤の絞りの入った日月椿(じっげつつばき)。





24P1010610.jpg

純白のこちらは臘月椿(ロウゲツツバキ)。





25P1010637.jpg

紅葉を背景にするとより白さが引き立ちますね。





26P1010627.jpg

こちらは曹源池の裏側に当たる場所ですが、ここでも赤と緑が混在。





27P1010638.jpg

こちらの手前の花は椿ではなく山茶花。
この木は花が少ないですが、今年は総じて山茶花の花付きが良く、当たり年のような気がします。





28P1010644.jpg

凄く赤い所もあるのですが、全体の印象としてはやはり緑が優勢。





29P1010649.jpg





30P1010656.jpg





31P1010661.jpg

でも、まあ、こういう色づき方も悪くはないと思います。





32P1010636.jpg





33P1010628.jpg

さて、高台に上って行きましょう。





34P1010630.jpg

手前に小さく写り込んでいるピンクはといえば、





35P1010633.jpg

ツツジの花。
モチツツジとありましたが、この数の少なさだと狂い咲きでしょうか。





36P1010635.jpg

別の場所ではミツバツツジも。





37P1010671.jpg

ここの鮮やかな深紅に染まっているのはドウダンツツジの葉。
楓系が軒並み苦戦している中で、ドウダンツツジも例年と比べると劣るかもしれませんが、まだよく頑張っている方ではないかと…。





38P1010672.jpg





39P1010680.jpg

望京の丘より。
左奥に薄ら比叡山が写り込んでいますが、手前の紅葉は緑が抜けきっておらず黒っぽい。この辺りは今ぐらいの方が見頃になっているかもしれませんね。





40P1010684.jpg





41P1010699.jpg

今年の紅葉の残念な点の一つが、カサカサに乾いた枯葉が散らずにそのまま枝に留まっていること。こうして葉をクローズアップする場合だけにとどまらず、引いて見てもやはり違和感があります。





42P1010702.jpg

最後に北門の手前の竹林と紅葉のコラボ。
竹の緑の爽やかさと相まって、完全な色づきでない紅葉も相乗効果でぐっと引き立って見える気がします (^_^;)


【撮影日:平成27年11月21日】


《メモ》
  天龍寺 【地図】
   京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
   TEL… 075-881-1235
   拝観時間… 8:30~17:30(10/21~3/20は17:00閉門)
   拝観料 … 一般500円、小中学生300円(諸堂参拝は追加で100円)

   ※2015年の早朝参拝は11月末で終了しています。


スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<大河内山荘 | BLOG TOP | 湖東三山・西明寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback