四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

三室戸寺

00P1020380.jpg

  1. 宇治
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
一昨年、昨年に続き今年も錦秋の三室戸寺へ。
紫陽花ばかりが有名ですが、紅葉も素晴らしいお寺です。が、まさに最高潮!のタイミングで訪れた 一昨年 と比較すると今年はかなり残念な印象に…。


01P1020393.jpg





02P1020392.jpg

お天気があまりよくなかったせいもあるでしょうが、初っ端からどうもインパクトの薄い風景。





03P1020269.jpg

中には色濃く染まったものもあるのですが、そういう木ほど既にいくら葉が散っていてスカスカになっているので、余計にアピール度が弱い…。





04P1020271.jpg





05P1020331.jpg

それでも、時折日が差し込むと美しい発色を見せるものもありましたが。





06P1020278.jpg

ここも上の方に葉がほとんどなく、残っている葉もまだ緑がち。
せめて全部赤く色づいていれば…と思いますが、この様子だと色づきかけるそばから散って、どんどんボリュームが少なくなる一方かも…。





07P1020332.jpg

ところでこちらの石段の脇では何と!シャクナゲが咲いていました。
狂い咲きかと思いましたが、西洋種の中には二季咲きのものもあるようで、これはどうやらそのタイプのようです。





08P1020340.jpg

他にも濃いピンクのこちらも蕾が膨らんで、もう間もなく咲き出しそうな雰囲気でしたが、その後どうなったのかしら?





09P1020280.jpg

ということで、本堂前へ。
盛夏と変わらず蓮鉢は置かれたまま。




10P1020281.jpg

このエリアの紅葉もボリューム不足&まだ色づき途中のようで…。





11P1020296.jpg

一方、三重塔の傍らの大イチョウは完全に散り果てていました。





12P1020295.jpg

足元を覆い尽くす散り黄葉。




13P1020287.jpg

かと思えば、三重塔脇の紅葉はまだ色づき始め。
通常でもイチョウとモミジは多少前後するとはいえ、今年は随分と差ができてしまったものです。




14P1020292.jpg

こちらの常紅のモミジ(にしては葉が細い)と散りイチョウの対比は綺麗でしたが。





15P1020302.jpg

いっそ、もう一週後の方がモミジが色づいて良かったかも…。





16P1020300.jpg

「浮舟」の古蹟碑の辺りもほとんど緑。




18P1020306.jpg

そして、休憩所の額縁風。





19P1020307.jpg





20P1020314.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ここもまだ色付きが足りなかったですが、黒の額縁効果もあって赤がより鮮やかに見えるようでした。





21P1020317.jpg

ちなみに額縁の向こう側はこんな風景でした。





17P1020305.jpg





23P1020344.jpg

続いて本堂の下にある与楽苑へ。





22P1020339.jpg

松やツツジの刈り込みの緑の鮮やかさと比べると、色付き途中の紅葉は色褪せて見えます。




24P1020347.jpg

そんな中でも際立って鮮やかだったのがドウダンツツジの紅葉。





25P1020354.jpg

モミジと並べるとその差は歴然です。





26P1020349.jpg

そして、その奥にあるもう一つの枯山水庭園。
ここも 昨年 からすると非常に心寂しい光景が広がっていました。





27P1020361.jpg

再び回遊路へ。





28P1020362.jpg

やはり目に付くのはドウダンツツジ。





29P1020363.jpg

しかし、よく見るとその横に万両(?)の赤い実も。





30P1020366.jpg





31P1020370.jpg





32P1020377.jpg

中にはこんなに綺麗に色づいているものもあったのですが、あまり少数過ぎて目立たないという…。





33P1020375.jpg





34P1020384.jpg

こちらでは白椿が満開でその下には夥しい落花も。





35P1020385.jpg

まるで沙羅の落花のようで初夏の頃と錯覚してしまいそう (^_^;)





36P1020342.jpg





37P1020356.jpg

ということで、イチョウには遅く、モミジには少し早いという中途半端な感じになりましたが、これも一期一会。

来年はまた美しい紅葉風景に出会えることを願いたい思います (-人-)

【撮影日:平成27年11月22日】


《メモ》
  三室戸寺 【地図】
   京都府宇治市菟道滋賀谷21
   TEL: 0774-21-2067
   拝観料…大人500円、小人300円
   拝観時間…8:30-16:30(11/1-3/31は16:00まで)



スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<毘沙門堂 | BLOG TOP | 化野念仏寺>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback