四季彩綴り

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

宝筺院

00P1030265.jpg

  1. 嵐山
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


 
 
 
 
 
3年ぶりに嵯峨野の宝筺院へ。
前回 の失敗も踏まえて、今回は開門に合わせて訪ねました (^_^;)


01P1030277.jpg

門前から見える木はややボリューム不足のようでしたが、色づきはそう悪くなさそう。




02P1030114.jpg

本堂へ伸びる紅葉の参道はまだ青葉も見え隠れするものの、深紅の彩りもあり雰囲気は十分。




03P1030140.jpg





04P1030246.jpg





05P1030141.jpg

本堂前ではドウダンツツジが真っ赤に色づいていました。




06P1030146.jpg





07P1030168.jpg

本堂に上がって裏側を。
日当たりの良さそうなこちらは散りも盛ん。




08P1030163.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、本堂の中から額縁風に。
一番右側はまだ青葉が目立っていますが、それも含めて美しい♪





09P1030178.jpg





10P1030184.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

ちなみに外側へ出るとこんな風景になっていました。





11P1030188.jpg

ということで、本堂を離れ再び回遊路へ。





13P1030208.jpg





14P1030213.jpg

本堂より奥側は全体的にまだ色づきが不十分で、見頃と言えるようになるにはさらに数日が必要だったか。




15P1030218.jpg

これも赤いようでも、近づいてみるとまだ少し黒味が残っていました。




16P1030214.jpg





17P1030221.jpg





18P1030228.jpg

先ほどの参道を反対側から。
貸切というわけではなかったのですが、12月に入ってからの平日の午前中ということもあり、適当に人が途絶えることもありました。




19P1030226.jpg





20P1030137.jpg





21P1030133.jpg





22P1030131.jpg

散りも盛んながら青葉も見られる…、今年の紅葉は終始こんな状態でしたね。





23P1030128.jpg





24P1030126.jpg

手前の濃ピンク色に色づいているのはニシキギ。
漢字では「錦木」と書き、この美しい紅葉が元になっているようです。





25P1030118.jpg





26P1030268.jpg





27P1030270.jpg

黄色がちですが、こんな紅葉&黄葉の入り混じるのも美しい。





28P1030272.jpg

しかし、もうちょっと光が欲しかったな…と思っていたら、





29P1030237.jpg

帰り際に急に日が差し込んで来ました。





30P1030235.jpg





31P1030260.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

最後の締めにまたとない光景が!
ほんのわずかな間のことでしたが、この瞬間に居合わすことができ大変ラッキーでした (^-^)

【撮影日:平成27年12月1日】


《メモ》
  宝筺院 【地図】
   京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町9-1
   TEL:075-861-0610
   拝観料… 一般500円、小中学生200円
   拝観時間… 9:00-16:00




スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:旅行


<<東福寺通天橋 | BLOG TOP | 等持院>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。