四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

2016新春旅-(1)静岡

00P1050970.jpg

  1. 東海
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
今年のお正月も恒例の初富士めぐりへ。
3年連続で同じ日程・宿とすっかりルーティン化してしまっていますが(汗)、ただ、自然が相手ということで、今年は例年とは少し違うところもありました。


01P1050834.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

関西の元日は穏やかに晴れ、大津サービスエリアからは雪を戴く比良山系も望むことができました。




02P1050836.jpg





03P1050832.jpg

しかし、山並みに沿うように雲がまとわりついていて、山頂は見え隠れ… (-_-;)





04P1050853.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

その後、新名神から伊勢湾岸道に入ると名古屋の市街地の向こうに真っ白な大きな山が!





05P1050851.jpg

手前の大きな山が御嶽山、奥にひょっこり顔をのぞかせているのは乗鞍岳らしいですが、こんなにもはっきりと見えるとは驚きました!





06P1250829.jpg

そして、静岡県内に入って待望の富士山の登場!





07P1250832.jpg





08P1250833.jpg

それにしても雪がかなり少ないですね。
記録的な暖かさの続いていた年末年始、各地で雪不足が叫ばれていましたが、富士山も例外ではありませんでした。





09P1050863.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

清水に宿をとっていたこともあり、この日は日本平へ。
時刻は午後4時を回っており、長い影が清水の街に伸びて来ていました。





10P1050864.jpg

こちらは伊豆の土肥港へ向かうフェリー。
この便ならちょうど夕日を眺められたことでしょうね。





11P1050857.jpg

しかし、本当に雪が少ない!
昨年はもっと真っ白だったのに…。





12P1050860.jpg





13P1050891.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、待つことおよそ30分。
いい感じに焼けて来ました♪





14P1050896.jpg





15P1050881.jpg

雪は少ないけれど、富士山の夕焼けも見られ、まずは上々の滑り出し♪ (^-^)





16P1250860.jpg

そして、翌朝はまだ夜の明けぬ間に清水を発ち、東名高速・富士川サービスエリアで日の出を迎えました。





17P1050908.jpg

中腹に雲がたなびいていましたが、うっすらと焼けて紅富士風味に(山よりその上の雲の方がよく染まっていましたが)。





18P1050919.jpg

富士川楽座の展望テラスより。
ここからなら富士川の流れもよく見えます。





19P1050922.jpg





20P1050925.jpg

この時点では山頂がよく見えていたので良かったですが、その後、どんどん雲が広がって一時は富士山全体がすっぽりと覆われてしまい、どこのライブカメラからも姿を消してしまうという事態に! (~_~;)

どうしたものかといろいろ迷いましたが、とりあえずは当初の予定通り三島へ向かうことに。




21P1050932.jpg

今回の旅の目玉の一つ、三島スカイウォーク。
この画像ではすっかり晴れ渡っていますが、現地に到着した時はまだひどい曇天で富士山も全く見えませんでした。それでも、天気予報では回復傾向のようでしたので、車内で昼寝などしつつ待つこと1時間余り、まるで嘘のように雲は消え去っていたのでした。

まさに果報は寝て待てですね (^_^;)

それはさておき、三島スカイウォークは昨年12月にオープンしたばかりの施設で、現在、日本で最も長い全長400mの大吊り橋。ちなみにこれができる前は大分県の「九重“夢”大橋」が390mで日本一でした。



22P1050969.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

吊り橋越しに富士山を眺めることもできる絶好のロケーションですが、この富士山が見えるのと見えないのとでは大違い! よくぞ晴れ渡ってくれました \(^o^)/




23P1050943.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

富士山ばかりでなく駿河湾も一望できますが、気温が高いためか、だいぶん霞んで見えました。





25P1050934.jpg

主塔越しに富士山を!
ということで、いよいよ渡ります!




26P1050947.jpg

新しい橋なので造りは頑丈なのでしょうが、思いのほかよく揺れて… (^_^;)
特に団体客など一度に多くの人が渡る時に揺れが激しくなり、ワイヤーの軋む音がさらに不安を煽ります。それでも、歩き進むうちにだんだん動きに慣れて来て周りの景色を見る余裕も出て来ました。




27P1050946.jpg

こちら側からの富士山は宝永噴火口がよく見えます。





28P1050954.jpg

渡り終えて向こう側の展望台から。
巨大な吊り橋を支えるワイヤーの細いこと!




29P1050959.jpg





30P1050961.jpg

こちら側からは逆光になるので、先ほどの富士山と共に眺められる展望台がベストポジションのようです。





31P1050967.jpg

ということで、お天気にも恵まれ、無事、新名所を踏破!
少々お高い入場料がネックですが、富士山の見える日には一見の価値あるスポットですよ (^-^)/

【撮影日:平成28年1月1・2日】


《メモ》
  三島スカイウォーク 【地図】
   静岡県三島市笹原新田313
   TEL:055-972-0084
   入場料… 一般1000円、中高生500円、小学生200円(幼児は無料)
   営業時間… 9:00-17:00




スポンサーサイト

テーマ:富士の旅 - ジャンル:旅行


<<なぎさ公園の寒咲花菜 | BLOG TOP | 謹賀新年>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback