四季彩綴り

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

霧ヶ峰

00P1060406.jpg

  1. 上信越
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

 
 
 
 
 
だいぶん間が空きましたが、今回はお正月の旅レポの続きをお送りいたします。
こちらの記事 の続きになります。

富士五湖を周遊した後、甲府に出て中央道にのり信濃路へ。



01P1060320.jpg

例年は真っ白な八ヶ岳連峰も今年はやけに薄化粧で…(~_~;)
その後の寒波で現在はこんなことはないようですが。




02P1060326.jpg

さらに諏訪方面へ進むと北アルプス連峰が現れますが、こちらはバッチリ雪山仕様。





03P1060331.jpg





04P1060335.jpg

所どころ雲がかかっているものの、青空でそこそこ稜線も見えているのでもう少し近くまで行ってみることに (^_^;)





05P1060337.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

梓川サービスエリア(下り線)の展望台から。
手前の煙突や電線がちょっと興醒めですが、北アルプスの山々の眺めは最高!





07P1060339.jpg

左が常念岳。





08P1060344.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

左から爺ヶ岳、鹿島槍、そして、五竜岳も雲間から顔をのぞかせています。
しかし、その先の白馬三山は残念ながら雲の中。この日の宿を蓼科にとっていたこともあり、こちらのスマートインターで一旦一般道へ出て、Uターンすることにします。




09P1060346.jpg

ということで、今度は上り線側の展望台から。





10P1060348.jpg

こちらからは電線越しでないクリアな常念岳が望めます。





11P1060349.jpg

その替り鹿島槍方面に街灯がかかってしまいますが…(-_-;)





12P1060355.jpg

再び諏訪方面へ向けて車を走らせますが、北アルプスを見た後ではあまりの雪の少なさに愕然…。



そして、ビーナスラインから霧ヶ峰へと向かいますと、


13P1060363.jpg

蓼科山も雪は山頂にわずかのみ。




14P1060371.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

それでも白樺湖の湖面は凍っているようで、光を反射して白っぽく見えていました(ただし全面結氷はしていない模様)。





17P1060380.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

そして、富士見台展望台に到着。
例年ですと一面の銀世界…のはずですが、まるで晩秋のような光景ですよね。





18P1060378.jpg

そして、富士山再び。
霞んではいますが、雲はかかっておらず稜線もはっきり見えています。





19P1060399.jpg

傾き始めた夕日に照らされる八ヶ岳方面。





20P1060400.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

梓川まで行って来たのがちょうどいい時間調整になり、日の入りのタイミングが近づいていました。




21P1060401.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

北アルプス、穂高連峰。
標高が日本第三位の奥穂高岳(3190m)と第四位の槍ヶ岳(3180m)が見えています。





22P1060402.jpg

左のとんがり屋根が槍ヶ岳。





23P1060418.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

全体が茜色に染まって来ました。





24P1060406.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

富士山の山頂にも日が当たって、先ほどよりさらにくっきりと浮かび上がって見えるよう。




25P1060417.jpg

いよいよ日の入りへ!





26P1060419.jpg

太陽は中央アルプス方向に沈むようで、右側のシルエットは御嶽山。





27P1060422.jpg





28P1060424.jpg





29P1060426.jpg

最後まで雲に阻まれることなく、美しい夕日を堪能することができました! \(^o^)/





30P1060430.jpg

そして、明けて4日もまたまた快晴!
再びビーナスラインを走りますが、車山高原もスキー場部分のみ人工雪でどうにか覆われているという状態で…。





31P1060432.jpg

白樺湖畔のこちらのスキー場も御同様。





32P1060445.jpg
(この画像の拡大表示は こちらをクリック のこと)

4日もまた富士山に会えました。





33P1060443.jpg

逆光の上に霞んでいますが、この日も雲はかかっておらず稜線はくっきり!





34P1060451.jpg

こちらは南アルプス連峰。
前日は富士山以上に逆光と霞み過ぎではっきりと見えなかったのが、少し見易くなっていました。





35P1060452.jpg

左から甲斐駒ヶ岳、北岳、間ノ岳。
真ん中の北岳(3193m)が富士山(3776m)に次いで二番目に高い山。前日に見えた奥穂高、槍ヶ岳と合わせて、この展望台からは日本第1~4位まで全て見ることができるわけです。




36P1060448.jpg

中央アルプス連峰。




37P1060446.jpg

御嶽山。




38P1060455.jpg

そして、北アルプス連峰。





39P1060459.jpg

北へ行くほど雲が厚くかかっており、あの雲の下ではまた雪が降っていたかもしれませんね。





40P1060475.jpg

ほとんど積雪のない霧ヶ峰と言いつつも、所々、路肩に除雪でたまった雪が消え残っていました。





41P1060480.jpg

さらに諏訪へ下りる途中、日陰の場所では道路上にも少し積雪が。
これがこの旅で唯一、スタッドレスタイヤが役に立った場面だったというのが何ともはや… (;´∀`)

【撮影日:平成28年1月3~4日】





スポンサーサイト

テーマ:富士の旅 - ジャンル:旅行


<<千畳敷カール | BLOG TOP | 平等院の紅葉>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback